特集
» 2013年07月24日 15時08分 公開

特集:次期Windows 8.1&Visual Studio 2013 Preview概説(後編):大きく変わるWindowsストア・アプリ開発 〜 そのほかの変更点 (1/4)

Windows 8.1で変更/追加されたWindows Runtime APIや、XAMLコントロールの改良点/新機能、Visual Studio 2013のデバッグ関連新機能などを紹介する。

[山本康彦,BluewaterSoft]
特集:次期Windows 8.1&Visual Studio 2013 Preview概説
Insider.NET

               

「特集:次期Windows 8.1&Visual Studio 2013 Preview概説」のインデックス

連載目次

 前回はWin 8.1アプリにおける大きな変更点である「検索コントラクトの廃止」について詳しく見た。今回はビュー状態/検索コントラクトの廃止以外の変更点についてざっくりと見ていくことにしよう。

 本連載では、次の略称を使用する。

  • Windows 8 → Win 8
  • Windows 8.1 Preview → Win 8.1
  • Visual Studio 2012 → VS 2012
  • Visual Studio 2013 Preview → VS 2013
  • Windows 8用に作成されたWindowsストア・アプリ → Win 8ストア・アプリ
  • Windows 8.1用に作成されたWindowsストア・アプリ → Win 8.1ストア・アプリ

 なお、本稿で示すC#のサンプル・コードは、VirtualBox上で64bit版Windows 8.1 Pro Previewを動かし、Visual Studio Ultimate 2013 Previewを使って動作を確認した。

数えきれないほどの新機能

 前々回前回で紹介した重要な2つの変更点だけでかなり紙幅を使ってしまったが、それら以外の改良された機能や、新しく増えた機能も数えきれないほどWin 8.1にはある。次の画像は、Build 2013で公表されたWindows Runtimeだけの変更点の概要だ(このほかに.NET Frameworkにも新機能がある)。

Windows 8.1で変更/追加されたWindows RuntimeのAPI群 Windows 8.1で変更/追加されたWindows RuntimeのAPI群
Build 2013のセッション「2-075:What's New in the Windows Runtime for Windows 8.1」のスライド資料より再構成したもの。
黄緑色が変更された部分、水色が新たに追加された部分である。

 新規のAPIだけでも650以上あるという(Build 2013セッション2-164による)。全てはとても紹介しきれないので、筆者が重要だと感じたものを、かなり駆け足になるが、大きく次の3点に分けて紹介していこう。

  • XAMLコントロールの変貌
  • そのほかの新機能
  • デバッグ機能の進化
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。