ニュース
» 2013年07月29日 16時00分 UPDATE

製品動向:アリスタEOSがOMI APIに対応、System Center 2012上での統合管理可能に

アリスタが提供するEOSが最新バージョンでOMI APIをサポート。パブリック/プライベートクラウド管理統合を容易にする。

[原田美穂,@IT]

 米アリスタネットワークスは2013年7月16日、同社が提供するネットワーク装置向けOSであるArista EOS(Extensible Operating System) V.4.12でOMI(Open Management Infrastructure) APIを完全にサポートしたと発表した。

 OMIはマイクロソフトが推奨する構成管理のための仕様で、DMTF Common Information Model(CIM)オブジェクトモデルとプロトコルを使用して、サーバおよびネットワークスイッチを管理するためのAPI規格だ。OMIプロトコルに対応したことで、ネットワークスイッチを管理する際、System Center 2012での連携管理が可能になる。また、System Center 2012上からPowerShellコマンドレットによる操作も可能になる。

 また、アリスタネットワークスのネットワークスイッチ製品は、Windows Azureサービス用のデータセンターでも採用されているという。

 Windows AzureもOMI APIに準拠しており、同様に管理可能であるため、Windows Azureによるパブリッククラウド環境、Windows Serverによるプライベートクラウド環境を含めてSystem Center 2012上で統合管理できるようになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。