ニュース
» 2013年08月07日 15時04分 UPDATE

CUDAとPOWERのエコシステム統合へ:IBMがPOWERをオープン化、「OpenPOWER Consortium」結成

米IBMはPOWERアーキテクチャを採用したデータセンター技術の開発を目指す「OpenPOWER Consortium」を結成する。管理性や柔軟性の向上を目指し、高度なサーバやネットワーク、ストレージ、GPUアクセラレーション技術の開発を目指す。

[鈴木聖子,@IT]

 米IBMは2013年8月6日、米Googleや米NVIDIAなどと組んで、IBM独自のマイクロプロセッサアーキテクチャ「POWER」を採用したデータセンター技術の開発を目指す「OpenPOWER Consortium」を結成すると発表した。Mellanox TechnologiesやTYANも参加する。次世代のクラウド型データセンターの開発に当たって選択肢を増やすほか、管理性や柔軟性の向上を目指し、高度なサーバやネットワーク、ストレージ、GPUアクセラレーション技術の開発を目指す。

 IBMはPOWERのハードウェアとソフトウェアを初めてオープン開発用に提供し、POWER関連の知的財産を他社にライセンス供与する。基本的なプロセッサ機能を制御するオープンソース版のPOWERファームウェアも同コンソーシアムを通じて提供し、新しいスタイルのサーバハードウェア用に高度なカスタマイズ性を持たせる。

 当初のプロジェクトとして、まずNVIDIAとIBMが協力してCUDAとPOWERのエコシステム統合に取り組む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。