連載
» 2013年08月08日 17時00分 UPDATE

無料でCreative Cloudを使い倒せ(9):AIR+ScoutによるモバイルAIRアプリチューニング (2/2)

[廣畑大雅,taiga.jp, クラスメソッド株式会社]
前のページへ 1|2       

telemetry.cfgの置き場所

 telemetry.cfgは、アプリケーションのルートに配置することによって定義した設定が有効になります。Flash Professional CCを使用する場合には、「AIR for (Android or iOS)設定」ダイアログの「一般」タブ → 「含めるファイル」の中にtelemetry.cfgを追加します(図4)。

04.png 図4:Flash Professopnal CCの「AIR for Android設定」ダイアログ

 Flash Builder 4.7を使用する場合には、「ActionScriptプロジェクト」または「 ActionScriptモバイルプロジェクト」内にあるsrcフォルダ直下にtelemetry.cfgを配置しておけば、自動的にアプリケーションにファイルを含ませることができます(図5)。

05.png 図5:Flash Builder 4.7の「ActionScriptモバイルプロジェクト」におけるtelemetry.cfgの配置例

 実際にモバイル上のアプリケーションをプロファイルする際、Scoutの「セッション情報」パネルの「Telemetry」を確認することによって、telemetry.cfgの設定内容が正しく反映されているかを確認できます(図6)。

06.png 図6:「セッション情報」パネル

 なお、プロファイルを開始する前にScoutの「新規セッションの設定」セクションのチェックボックスの選択状態を決めておく必要があるので注意します(図7)。

07.png 図7:「新規セッションの設定」セクション

詳細Telemetryを有効にした際に使用できる機能

 対象アプリケーションのTelemetry設定、およびScoutの機能を全て有効にした際に利用できる機能を紹介します。

「ActionScript」パネル

 「フレームタイムライン」パネルで選択した範囲の関数をリストアップします。また、「上位アクティビティ」パネル、「アクティビティシーケンス」パネルに表示されている関数を選択することで、リストアップされている関数がフィルタリングされます(図8)。

08.png 図8:フィルタリングされた「ActionScript」パネル

「メモリ割り当て」パネル

 「フレームタイムライン」パネルで選択した範囲で、アプリケーションのコストとなるメモリの「割り当て」と「割り当て解除」の対象となる関数とオブジェクトをリストアップします。また、「ガベージコレクションされたオブジェクトを表示/非表示」ボタンでガベージコレクション対象のオブジェクトを確認できます(図9)。

09.png 図9:「メモリ割り当て」パネル

 「メモリ割り当て」の使い方の詳細はAdobe Developer Connectionにて解説されています。

「DisplayListレンダリング」パネル

 「DisplayList レンダリング」パネルは、詳細Telemetryを有効にしなくても使用できますが、有効にしたときのみ、「フレームタイムライン」パネルで選択した範囲のDisplayObjectの表示領域をカテゴライズして閲覧できます。カテゴリの種別は、

  • 領域
  • 更新されたサービス
  • キャッシュされたサービス
  • 表示オブジェクト

の4種類です(図10)。

10.png 図10:「DisplayListレンダリング」パネル

「Stage3Dレンダリング」パネル

 「フレームタイムライン」パネルで選択した範囲のStage3Dの処理内容とビューを表示します。リストアップされるStage3Dの処理内容は時系列に表示され、マウスで選択することでその段階の処理状況がビューに表示されます(図11)。

11.png 図11:「Stage3Dレンダリング」パネル

「Stage3Dプログラムエディター」パネル

 「Stage3Dレンダリング」でリストアップされたStage3Dの処理内容の

  • Context3D.drawTriangles()
  • Context3D.setProgram()
  • Program3D.upload()

のいずれかを選択した際に、選択した内容の頂点シェーダおよび断片シェーダのプログラムを編集可能な状態で表示します。編集したシェーダプログラムはScout上でアップロードすることが可能です(図12)。

12.png 図12:「Stage3D プログラムエディター」パネル

Telemetryが有効になっているサンプルコンテンツでScoutを試す

 皆さんも一度、Scoutをダウンロードして、使ってみてはいかがでしょうか。

 一通りScoutの機能を紹介しましたが、Scoutを取得したがコンテンツが手元にない……といった人のために、Adobe Scoutファーストステップガイドでは、Telemetryを有効にしているコンテンツのリンクを紹介しているので、実際にアクセスしてScoutの全ての機能を試してみてください。

taiga_hirohata.png

廣畑大雅 プロフィール

taiga.jp

フリーランス エンジニア/アーキテクト

クラスメソッド株式会社 プリンシパル

Adobe Community Professional


「無料でCreative Cloudを使い倒せ」バックナンバー
前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。