ニュース
» 2013年08月14日 14時37分 UPDATE

文字列解析などマーケティング機能を強化した「SPSS Statistics 22」

SPSS製品群の中でも統計解析メニューに特化したStatisticsの新版が登場。医療・マーケティング領域での分析処理を効率化する。

[原田美穂,@IT]

 日本IBMは2013年8月14日、自社が提供している予測分析ソフトウェア製品群「IBM SPSS」のうち、統計解析向け製品である「IBM SPSS Statistics」の最新版となるバージョン22を発表した。価格は、一般向けが27万9405円、教育機関向けが9万9750円(いずれも1ユーザー、税込)。

 SPSS Statisticsでは、多変量分散分析、生存分析など、医療業界に特化した分析モデルや、顧客分析、アンケート分析といったマーケティング業界に特化した分析モデルがあらかじめ定義されている。

 新版では、乱数シミュレーションを行うための機能が追加されている。これにより、サンプルの量が少ない場合でも近似の値を求めることができるようになる。

 また、分析対象に文字列が追加されている点も特徴。従来、分析前にデータ加工が必要であった性別などの文字情報をそのまま扱えるようになる。同様に、分析対象データの変換をデータベース上で実行するための「SQLプッシュバック」機能も追加されている。これらの機能追加により、分析対象データの下準備にかかる工数削減が見込める。

 医療分野向けには臨床実験値の検証に利用することの多い「傾向スコア」によるデータ補正手法(群間の背景因子のバランスを調整する操作、群間のバラツキを補正する)への対応を強化している。併せて、傾向スコア分析の際に、非線形回帰分析機能を持つ「IBM SPSS Regresion」モジュールの機能と連携し、SPSS Statistics側から両方の結果レポートを編集・加工が可能になっているという。

 このほか、レポート機能では、HTML5などWeb標準に準拠した形式での出力が可能になった。このことから、モバイル端末などのWebブラウザからもレポートの参照や編集が可能になっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。