ニュース
» 2013年08月22日 19時14分 UPDATE

エンタープライズアプリケーションのDevOpsを推進:「SmarterCloud」でPHP環境を提供

IBMはSmarterCloud Application Servicesにおいて、Web・モバイルアプリケーション開発などで使われることの多いPHP環境を提供すると発表した。

[原田美穂,@IT]

 IBMは2013年8月22日、同社が提供するPaaSサービス「IBM SmarterCloud Application Services(IBM SCAS)」で、新たにPHP環境を提供すると発表した。

 Zendが提供する「PHP Server」を「Zend Server V6 Application Pattern for PHP」という「パターン」として追加するもの。パターンを利用することで、環境の導入や事前設定に掛かる工数を削減でき、かつ、開発・テスト・運用などの複数の実行環境で同じ環境を簡単に用意できる。従来であれば仮想イメージの上に、PHP実行環境を用意し、個別に環境を整える必要があった。Zend Server V6 Application Pattern for PHPの利用価格は月額または時間ごとの従量課金制。

 IBM SCASでは、IBMが「パターン」と呼ぶ、構成をあらかじめ整えたOSやアプリケーションサーバなどの仮想イメージを用意している。このサービスを利用することで、開発からテスト、デプロイ、実運用に至るプロセスを短縮し、機動的かつ効率的な開発・運用体制を目指すDevOps環境を実現できるとしている。

関連特集:DevOpsで変わる情シスの未来

今やクラウド、ビッグデータに次ぐキーワードになったDevOps。だが前者2つが通過したようにDevOpsも言葉だけが先行している段階にあり、その意義や価値に対する理解はまだ浸透しているとはいえない。ではなぜ今、DevOpsが必要なのか? DevOpsは企業や開発・運用現場に何をもたらすものなのか?――本特集では国内DevOpsトレンドのキーマンにあらゆる角度からインタビュー。DevOpsの基礎から、企業や情シスへのインパクト、実践の課題と今後の可能性までを見渡し、その真のカタチを明らかにする。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。