ニュース
» 2013年08月27日 16時41分 UPDATE

PaaS向けに特化:日本IBM、POWER7+搭載のPureApplication Systemエントリーモデルの提供を開始

日本IBMは、統合型システム「IBM PureApplication System W1700」のエントリーモデルを発表した。「POWER7+」を搭載し、PaaS(Platform as a Service)向けに特化した。

[山口哲弘,@IT]
IBM.png

 日本IBMは2013年8月27日、統合型システム「IBM PureApplication System W1700」のエントリーモデルを、同年9月13日に発売すると発表した。「POWER7+」を搭載し、PaaS(Platform as a Service)向けに特化した。高い可用性やセキュリティを必要とする部門や、小規模な業務システム、クラウドの初期導入に適すとしている。

 搭載プロセッサ数が32コアまたは64コアの2種類を用意した。POWER7+アーキテクチャが備えるハードウェアのサーバ仮想化技術「PowerVM」によって、セキュリティと可用性については、96コア以上のプロセッサを搭載する既存のW1700モデルと同等の機能を実装しながら、ラックサイズをおよそ2/3、消費電力をおよそ1/3に抑えた。

 「IBM PureApplication System」シリーズは、特にWebアプリケーションやデータベースをはじめとする多様なソリューション向けに設計・最適化された、PaaS環境構築のためのプラットフォーム。日本IBMは、ハードウェアやソフトウェアのコンポーネントを設計段階から統合し、システムの構築や運用に必要な知見を「パターン」として定義して自動的に最適な資源を構築できる「エキスパート・インテグレーテッド・システム」として、柔軟なクラウド基盤の構築や運用を支援する「IBM PureSystems」ファミリーを提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。