ニュース
» 2013年08月30日 16時11分 UPDATE

企業動向:米10gen、社名を「MongoDB」に変更

オープンソースのドキュメント指向データベース管理システム「MongoDB」を開発している米10genは、社名をプロジェクトに合わせて「MongoDB」に変更すると発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 オープンソースのドキュメント指向データベース管理システム「MongoDB」を開発している米10genは2013年8月27日、社名をプロジェクトに合わせて「MongoDB」に変更すると発表した。

 10genは2007年、オープンソースのクラウドコンピューティングスタックの開発企業として発足し、当時は複数の製品を手掛けていた。しかし「MongoDBに可能性を見出した当社は、MongoDBに100%フォーカスすることにした」(共同創業者のドワイト・メリマン会長)。このため社名と製品名の間に食い違いが生じ、今回これを一致させる目的で社名を変更することにしたという。

 MongoDBのプロジェクトと、コミュニティサイトの「mongodb.org」に変更はない。同社の従来のWebサイト「10gen.com」は、「mongodb.com」にリダイレクトされるようになった。

 また、無料のオンライントレーニングコースなどを提供してきた「10gen Education」は、「MongoDB University」と改称する。

 同社のブログでは社名変更について、「名称の統一により当社の目的を社名ではっきり伝えられるようになる。さらに、MongoDBと10genの両方について周知させるのは、MongoDBに集中するよりも困難であり、手間が掛かる。その分をMongoDBの改善のために費やした方が良いと判断した」と説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。