ニュース
» 2013年09月06日 20時49分 UPDATE

AWS情報アップデート:Amazon VPCでもAWS OpsWorksが使えるように

AWS OpsWorksがVPC環境でも利用できるようになった。プライベートクラウド環境の中で、柔軟なリソース調整や運用の自動化にも利用できるようになる。

[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は2013年9月5日、アプリケーション管理サービス「AWS OpsWorks」が、VPNサービス「Amazon Virtual Private Cloud」(VPC)に対応したと発表した。

 Amazon VPCでは仮想ネットワークトポロジーを定義してネットワーク設定をカスタマイズし、データセンター内で運営する従来型のネットワークに近い設定にすることが可能。AWS OpsWorksがこれをサポートしたことで、自社の隔離されたネットワーク内でAWS OpsWorksのアプリケーション管理機能を活用できるようになる(なお、@ITではAWS OpsWorksに関しては関連記事で解説している)。

 具体的な活用例として、パブリックなElastic Load Balancer(ELB)の背後のプライベートサブネット内にアプリケーションサーバを配置して、アプリケーションサーバへのアクセス制御の柔軟性を高める、などの例を挙げている。また、ファイアウォールの背後のプライベートソースレポジトリの利用、保護されたサブネット内でのデータベース運用などが可能になるという。

 利用を開始するにはまず、新規あるいは既存のAmazon VPCを使ってOpsWorksスタックを作成する。その後は自分が作成したサブネット内にOpsWorksのインスタンスを作成できるようになる。詳しい手順はAWSのブログで紹介している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。