ニュース
» 2013年09月09日 19時07分 UPDATE

Windows Azure情報アップデート:Microsoft、Windows Azureに専用キャッシュサービスを提供

米Microsoftは、クラウドサービス「Windows Azure」でキャッシュサービス「Windows Azure Cache」のプレビュー版を提供開始したことを明らかにした。

[鈴木聖子,@IT]

 米Microsoftは2013年9月、クラウドサービス「Windows Azure」でキャッシュサービス「Windows Azure Cache」のプレビュー版を提供開始したことを明らかにした。同サービスではWindows Azureで稼働させるアプリケーションから専用キャッシュを利用してメモリ内にデータを保存でき、拡張性とパフォーマンスの大幅な向上につなげられるという。

 この機能を利用できるのは、Windows Azureで提供されているサービスのうち、IaaS(Infrastructure as a Service)の「仮想マシン」のほか、PaaS(Platform as a Service)の「クラウドサービス」と「Webサイト」。今後、「モバイルサービス」での対応も予定している。

 キャッシュはアプリケーションごとに専用インスタンスを作成することも、複数のアプリケーションで1つのキャッシュを共有することも可能。1つのインスタンスに、最大150Gバイトまでのインメモリデータオブジェクトやコンテンツを保存できる。

 Webサイト、仮想マシン、クラウドサービスでは平均約1m秒でキャッシュサービスからオブジェクトを取得でき、キャッシュへの書き込みにかかる時間は1.2m秒程度だとしている。

 料金は、プレビュー期間中は通常料金の半額で、キャッシュサイズが128Mバイト、最大ユニット数が8ユニットの「ベーシック」が月額12.50ドル、1Gバイトのキャッシュと最大10ユニットの「スタンダード」が同50ドル、5Gバイトのキャッシュと最大30ユニットの「プレミアム」は同200ドルである。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。