ニュース
» 2013年09月17日 16時29分 UPDATE

Adobe Photoshop CCにWeb制作の手間をカイゼンする新機能「Generator」が登場

地味に工数の掛かるWebサイト用の画像素材生成の作業を効率化する新機能が登場。マルチデバイス向けのデザインツールとも連携する。

[鈴木聖子,@IT]

 米アドビは2013年9月9日にリリースした「Photoshop Creative Cloud」(CC)更新版の14.1に、PhotoshopからWebへの画像書き出し作業を大幅に省力化できる新機能「Generator」を搭載した。「Photoshopを使ったWebや画面のデザイン作業を根本から刷新する機能」と紹介している。

 Generatorを使うと、各レイヤごとに手作業で画像の抽出、トリミング、サイズ調整などを行って書き出す手間を省くことができる。レイヤやレイヤグループの名称にファイル拡張子を付け加えるだけで、自動的にそのレイヤのコンテンツからJPEG、GIF、PNG形式のファイルを作成する。

mhss_130917adobe_image.jpg アドビシステムズで公開しているGeneratorのドキュメントから抜粋。画像のレイヤに対して拡張子を指定する

 レイヤに変更を加えると、ファイルがただちにアップデートされ、画像を常に最新の状態に保つことができる。なお、画像はRetinaディスプレイ向けにスケーリングすることも可能だ。

 さらに、マルチデバイス用のWebデザインツール「Edge Reflow CC」とPhotoshopのリアルタイム連携機能も加わり、Photoshopの画像やテキストなどをワンクリックで直接Edge Reflowに取り込めるようになった。

 アドビシステムズでは、Generatorの技術プラットフォームと画像資産生成機能をオープンソースプロジェクトとして公開している。GeneratorはNode.jsプラットフォームをベースとして、JavaScriptでプラグインを作成できる。

 なお、Photoshop CC 14.1には、この他にもカラーレンジのオプションやアイソレーションモードなどの機能強化、ネイティブPSDXのサポート(読み込みのみ)なども盛り込まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。