連載
» 2013年09月20日 18時36分 UPDATE

Database Expertイベントレポート:“ビッグデータ成功企業”に特徴的な5つのプロセスとは (1/2)

データ分析が成果を上げている成功企業には特徴的なパターンがある――世界中の企業を調査した結果、企業におけるデータ活用にある法則が見えてきたという。ベス・スミス氏による解説を聞く。

[齋藤公二,@IT]

 日本IBMは9月4日、都内でIBM Business Analytics Summit Japan 2013を開催。基調講演には米IBMのソフトウェアグループBusiness Analytics Products & Solutions担当バイスプレジデント、ベス・スミス(Beth Smith)氏が登壇し、ビッグデータとアナリティクスをどうビジネスに生かしていくのかについて、同社製品の特徴や事例を交えながら解説した。

“ビッグデータ成功企業”に特徴的な5つのプロセス

 スミス氏はまず、ビッグデータとアナリティクスにまつわるデータとして、84%の消費者が購入の意思決定についてソーシャルネットワークを利用していること、先進的な分析を活用している企業は他社よりも投資対効果が32%高いことを調査資料から示し、データ分析の重要性がますます高まっていると主張した。その一方で、65%の企業はビジネスのために効果的にデータを活用できていない現状があると指摘する。調査は、世界各国の18業種にわたる約1900名のCEOを対象にIBMが実施したものだ。調査の結果、ビッグデータとデータ分析を活用できている企業には特定のパターンを見いだすことができたという。

mhss_130908ibm01.jpg ベス・スミス氏

 「ビッグデータとデータ分析を活用できている企業は、ある“一連の流れ”に沿ってビジネスを行っていることが分かった。それは『情報レイヤ』『説明』『予測』『指示』『認知』の5つのプロセスに従うことだ」(スミス氏)

mhss_130908ibm_pdf_p04.jpg

情報レイヤ=データの取り扱いに関するプロセス

 情報レイヤは、新しいデータソースをどう統合するか、データをどう管理するかといった、データの取り扱いに関するプロセスと定義できる。

 具体的に、システムに求められる機能は、RDBMSやコンテンツ管理システム、ビッグデータ・プラットフォームの構築などがある。

説明=5W1Hを裏付ける情報を得るプロセス

 また、説明とは、何がどうして起きたのか、どのくらいの多さ、頻度で誰がいつ行ったのかなどを、情報に基づいて説明するプロセスだ。システム機能でいえば、アラートやドリルダウン、各種レポートの表示、ダッシュボードなどだ。

 これら2つのプロセスは、旧来のデータ分析でもよく使われてきたものだ。だが、これより上位のプロセスとされる「予測」「指示」「認知」は、より近年のビッグデータ分析らしいプロセスといえる。

予測=実績を基にした次を推測するプロセス

 予測は、これから何が起こり得るか、トレンドの次に起こり得ることなどを予測し、データから一定のパターンを抽出するプロセスだ。

 システム機能は、機会学習アルゴリズムの活用や統計的手法が必要である。

 指示は、次の最善の行動は何か、何がいつ、どのような理由で起きるのかを決めるプロセスだ。機能としては、ルールの策定や最適化、制限事項の決定などが求められる。

認知=推論

 最後の認知は、最も可能性の高い答えは何か、適切な質問はなにかを推し量るプロセスだ。推論や学習、自然言語の分析などを行うことになる。

 「例えば、予測と指示のプロセスは、小売業のケースでいえば、消費者が次にどのような行動をとるかを予測して、消費者がどんな商品が欲しいかに基づいてレコメンドすることに相当する。また、製造業のケースでいえば、製造工程の中でどの部品が必要になるかを予測して、製造ラインを最適化していくことになる」(同氏)

 企業がこうしたプロセスを押さえる必要があることは、ソーシャル、モバイル、クラウドの進展などの技術的なトレンドからも明らかだという。スミス氏によると、現在、世界には190億個に上るRFIDのセンサが設置されており、2016年までに消費者データの3分の1がクラウド上に保存される見込みだという。そんな中、IBMでは、2015年までに80%のデータが不確実なデータになると予想する。

 「不確実なデータの増加は、テクノロジーの混乱を示すものだ。だが、企業にとっては、チャンスでもある。不確実で複雑なビッグデータを活用することで、競争優位性につなげることができるからだ」(同氏)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。