ニュース
» 2013年09月30日 17時12分 UPDATE

AWS情報アップデート:Amazon RDS for Oracle、診断ツール「Statspack」を提供開始

米Amazon Web Servicesは、米Oracleのパフォーマンス診断ツール「Statspack」を利用できるようにしたと発表した。追加料金は発生しない。

[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は2013年9月26日、「Amazon Relational Database Service(RDS) for Oracle」で、米Oracleのパフォーマンス診断ツール「Statspack」を利用できるようにしたと発表した。

 Statspackはデータベースの処理性能に関する分析データを収集して問題を診断し、性能向上に役立てるためのツール。RDS for Oracleで提供しているOracle製品の全エディションとエンジンバージョンに対応する。RDSインスタンスにオプションでインストールでき、AWSに追加料金は発生しない。

 パフォーマンスに関するデータはSQL、PL/SQL、SQL*Plusスクリプトで構成され、インスタンスの健康状態や、割り当てられた以上のリソースを消費しているSQLステートメント、応答待ちイベント、初期パラメータなどの状態に関する報告書を生成する。

 AWSと競合する米MicrosoftのWindows Azureはこれに先立ち、イメージギャラリーを通じてOracleの主要ソフトウェアの設定済み仮想マシン(VM)イメージを提供すると発表していた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。