ニュース
» 2013年10月01日 16時41分 UPDATE

Web制作支援ツール:HTML5を使ったサイト制作を支援するUIデザインツールをGoogleが公開

HTML5コンテンツ制作支援ツールをGoogleが発表。動的な制作が可能なツールが無償ダウンロードできる。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは9月30日、HTML5を使ったコンテンツデザインツール「Google Web Designer」のパブリックβをリリースした。デスクトップ、スマートフォン、タブレットの画面にシームレスに対応できるコンテンツの制作を支援する。

 Google傘下の広告ネットワークDoubleClickのブログによると、スマートフォンやタブレットでWebを閲覧するユーザーが増える中、HTML5対応環境のエンドユーザー数はFlash対応環境のユーザー数を上回り、広告出費も2年以内にHTML5広告がFlash広告を上回る見通しだ。

 それにもかかわらず、モバイル向けのコンテンツ制作は、「プラットフォームやブラウザ、端末の種類の多さが障壁となり、制作プロセスを単純化するツールも存在していなかった」と同社は指摘する。

 Web Designerはそうした障壁を取り除くことを目標に開発したもの。同社がこれまでにリリースしてきたHTML5広告制作ツールの「DoubleClick Studio Layouts for HTML5」「Ready Creatives in AdWords」に続き、「パワフルで使いやすいHTML5制作ツールを提供する」としている。

 同ツールではHTML5を使ったアニメーションなどのコンテンツが制作でき、コードを参照して編集することも可能。編集した部分は自動的にデザインに反映される。

 DoubleClickやAdMob用の広告が制作できるほか、一般的な環境にパブリッシュすることも可能。無料でダウンロードして利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。