ニュース
» 2013年10月04日 15時43分 UPDATE

APIに新機能追加:Google、「Chrome 31」のβ版公開

米Googleは「Chrome 31」のβ版を公開した。Android向けWebアプリケーションとのシームレスな連携、Web決済の円滑化、デスクトップ版Chromeのネイティブコードの移植性強化などが主な強化点である。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは2013年10月3日、Webブラウザ「Chrome 31」のβ版を公開した。Android向けWebアプリケーションとのシームレスな連携、Web決済の円滑化、デスクトップ版Chromeのネイティブコードの移植性強化などが主な強化点である。

 Android版のChrome 31はアプリケーションショートカット機能が加わり、ユーザーがAndroidのホーム画面にWebサイトのショートカットを作成できるようになった。「<meta name=”mobile-web-app-capable” content=”yes”>」のメタタグを追加したサイトはフルスクリーンモードで開かれ、タブやボタン、メニューなどが表示されなくなる。

 一方、ブラウザのオートコンプリート機能にアクセスしてユーザーがオンラインフォームを入力しやすくするための「requestAutocomplete()」は、AndroidとWindows版のChromeおよびChrome OSで利用できる。

 まずはWeb決済に対応し、requestAutocomplete()を使ったサイトでブラウザに保存された決済情報を利用したり、ブラウザが提供するインターフェイスを使って情報を入力したりすることが可能になる。Mac版は今後対応予定。

 デスクトップ版のChromeでは、パワーアップしたプロセッサやブラウザの性能をさらに活用できるよう、「Portable Native Client(PNaCl)を提供。C/C++コードをコンパイルして、デスクトップ版の全ChromeとChrome OSで実行できる単一の実行可能モジュールを作成できるようにした。PNaClはWebの移植性とネイティブコードの処理性能を組み合わせるものだとGoogleは説明している。

 新しいChrome Apps APIには、Chrome Appで処理するURLを指定できる「URLハンドラ」や、ユーザーが許可したフォルダへアクセスできる「ディレクトリアクセス」などの新機能が加わった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。