ニュース
» 2013年10月23日 15時06分 UPDATE

Windows Azure情報アップデート:Windows AzureがWindows Server環境バックアップの正式な選択肢に

β版で提供していたWindows Azure Backupが正式運用に。Windows Server環境のバックアップとDR対策を一気に実現できるようになる。Windows Serverユーザー“大勝利”のサービス登場となるか。

[原田美穂,@IT]

 米マイクロソフトは2013年10月23日、Windows Azure Backupの正式運用を開始した。β版としてのサービス提供は行っていたが今回、日本マイクロソフトが正式運用をアナウンスしたことで、正式サービスとしてのSLAやサポートが保証される。

 Windows Azure Backupは、Windows Server(2008 R2〜2012 R2)に対応したクラウドベースの自動バックアップサービス。Windows Server環境のデータバックアップで、従来のディスクドライブやテープドライブの代わりにWindows Azure環境にバックアップできる。5Gバイトまで無料、以降、1Gバイトごと41.52円〜(1カ月に保存した圧縮データ単位、従量課金の場合)。Windows Azure Backup用ツールは無償配布する。

 Windows Azure Backupでは、増分バックアップが可能だ。このため、2回目以降のバックアップではデータ量・通信量が少なくて済み、リカバリの際には、複数バージョンから復旧できる。オフサイトでのバックアップとなることから、事業継続計画を検討する際にも有効だ。

 また、System Center 2012 R2 Data Protection Managerでのバックアップデバイスとしても利用できる。System Center 2012 R2 Data Protection Managerと組み合わせた利用では、サーバ単位ではなく、システムグループ全体での統合バックアップにも利用できる。

 対象OS/ソフトウェアは次の通り。

対象OS/ソフトウェア
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012 R2 Essentials
Windows Server 2012
Windows Server 2012 Essentials
System Center 2012 Data Protection Manager
Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
Windows Server 2008 R2 Essentials Service Pack 1
System Center 2012 R2 Data Protection Manager

 また、これと併せてWindows AzureのSDKもバージョンアップし、Visual Studio 2013との連携を強化している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。