連載
» 2013年10月15日 18時00分 UPDATE

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(31):これでGitも怖くない! GUIでのバージョン管理が無料でできるSourceTreeの7つの特徴とは (1/3)

SourceTreeは直観的なGUIで使いやすい、今話題の無料のリポジトリ管理ツールです。本稿では、Windows版のSourceTreeをGitサポート機能を中心に紹介します。

[岡本隆史,@IT]

Gitも使える大人気のバージョン管理ツール「SourceTree」

 SourceTreeは、もともとMac OS X用に開発されていた無料のGit/Mercurialのクライアントアプリケーションで、GUI(Graphical User Interface)による直観的なバージョン管理の操作ができます。

 SourceTreeは、2011年10月に「JIRA」「Bitbucket」で有名なアトラシアンに買収され、Windows用の正式版が2013年6月に公開された比較的新しいツールです。Windows版のSourceTreeは、Mac OS X版と同様に直観的なGit/Mercurialリポジトリの操作が可能なので、初心者がGit/Mercurialを使うには、非常に便利なツールです。

devtool31_1.jpg SourceTree

 SourceTreeでは、GitHubやBitBucketに加え、アトラシアンが販売・提供するGitリポジトリ管理ツール「Stash」で扱うGitリポジトリもサポートされています。

 Gitの管理ツールとして有名な「TortoiseGit」、EclipseのGitサポートプラグインである「EGit」とGoogle Trendsで比較してみると、図1のようになっています。

devtool31_2.jpg 図1 Google TrendsによるSourceTree(青)、TortoiseGit(赤)、EGit(茶)の比較

 Windows版のβ版が2013年3月にリリースされましたが、その頃から急激に検索数が伸びていて、その注目の度合いが分かります。

 ここからは、Gitを利用したときの具体的な画面を見ながら、SourceTreeの7つの特徴を見ていきましょう。


【1】グラフィカルなコミット履歴の表示

 きれいなグラフによりコミット履歴を表示できます。いつ、何がコミットされたかや、ブランチのマージを簡単に確認できるようになっています。

devtool31_3.jpg 図2 コミット履歴

 また、コミットしたユーザーがアイコンで表示されていますが、指定したメールアドレスにアバターを登録できる「Gravator」を利用すれば、このようにユーザーをアイコンで表示できます。

 GitHubやBitBucketなどのリポジトリサービスを利用している場合、GaravatorをGitHub/BitBucketに登録しておけば、リポジトリとSourceTreeで同じアイコンを利用できるので便利です。

【2】直観的なコミット単位の選択

 Gitを初めて利用する人が最初戸惑うのは、インデックスによるコミット単位の選択です。Subversionなどのバージョン管理システムと異なり、Gitは、「インデックス」と呼ばれる「コミット対象として指定する領域」にファイルの変更を登録し、インデックスに登録された内容をリポジトリにコミットします。

 CUI(Character User Interface)では「現在、どのファイルがコミット対象で、どの対象がコミット対象ではないのか」に慣れるまでは把握しづらいという欠点があります。

 SourceTreeでは、ブランチ上の[Uncommitted changes]【1】を選択すれば、ファイルの更新情報や、どのファイルがインデックスに登録されているか、一目で確認できます。

devtool31_4.jpg 図3 変更とインデックスの確認

 例えば、図3の[Staged Changes]【2】を見ると、「README.mkd」「alm-sync-scm」がインデックスに登録され、次のコミットでリポジトリへ変更が登録されることが分かります。

 また、[Working Copy Changes]【3】を見ると、「alm-scm-post-create」は変更されていますがコミットの登録対象ではなく、「README.mkd.1~」など「?」マークが付いたファイルは、新規に作成されたファイルで、Gitでは管理されていないことが分かります。

 このように、直観的にファイルの状況が把握できます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。