ニュース
» 2013年10月17日 16時56分 UPDATE

Hadoopも2.0時代に突入:「Hadoop 2」データ処理とサービスの同時実行が可能な安定版が公開

StormもHBaseも並行実行できる新しいジョブスケジューラ、リソースマネージャを追加したApache Hadoop 2系の安定版がリリース。バッチ混合、双方向でのリアルタイムワークロード実行など、強力な機能を持つ。

[鈴木聖子,@IT ]

 Apache Software Foundationは2013年10月16日、大規模分散処理フレームワークのメジャーアップデート「Apache Hadoop 2」の安定版リリースを発表した。「Hadoop 2.2.0」が2.x系で初の安定版となる。

 Hadoop 2は開発に4年以上をかけ、HDFSの上にYARN(Yet Another Resource Negotiator)が追加されたことが最大の特徴。YARNはジョブスケジューリングと分散処理におけるリソース管理を担うフレームワークで、ビッグデータアプリケーション用の大規模分散型OSのようにふるまう。これにより、データ処理アプリケーション(Hadoop MapReduce、Apache Stormなど)とサービス(Apache HBaseなど)が同時に実行できるようになり、ライフサイクル全体を通じてデータスループットの効率化を図っている。

 この他、HDFSについては高可用性、フェデレーション、データスナップショット、NFS-v3プロトコルによるデータアクセスなどの新機能が加わっているという。

 なお、Hadoop 2系では、1系向けに開発された既存のMapReduceアプリケーションとバイナリ互換性を持たせている。また、今回のリリースから、Windows環境でも動作させられるようになった。

 開発に携わったClouderaのアーロン・マイヤーズ氏は、「Hadoop 2とYARNの発表により、ベーシックなマルチテナントを超えたバッチ混合、双方向のリアルタムワークロードを実現し、Hadoopエコシステムの安定した基盤の中でそれができるようになった」とコメントしている。

 HadoopはJavaプログラマのためのスケーラブルなバッチ処理システムとしてスタートしたプロジェクト。今ではビッグデータ用ソリューションの中心的存在となり、Amazon Web ServicesやFacebook、HPなどの世界大手が採用しているほか、主要なソフトウェア/はーどうぇあベンダがHadoopを取り入れた製品を提供している。オープンソースソフトウェアとしてApache License v2.0の下で公開されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。