ニュース
» 2013年10月18日 15時56分 UPDATE

OpenStackにも対応:「Ubuntu 13.10」登場、デスクトップ版とサーバ版を用意

英Canonicalは、「Ubuntu 13.10」を公開した。デスクトップ版を「モバイル端末とPCの融合への第一歩」と位置付け、Ubuntu搭載スマートフォンの発売準備を進めている。

[鈴木聖子,@IT]

 英Canonicalは2013年10月17日、デスクトップとモバイル端末に向けた「Ubuntu Desktop 13.10」、サーバ向けの「Ubuntu Server 13.10」、クラウドに向けた「Ubuntu Server for cloud 13.10」を公開した。いずれもWebサイトからダウンロードできる。

 デスクトップ版については「モバイル端末とPCの融合への第一歩」と位置付けた。メーカーやキャリアと協力して、Ubuntu搭載のスマートフォンを2014年に発売する準備を進めているという。Ubuntuエンジニアのリック・スペンサー氏は「全く同じUbuntu OSが、ARM搭載のスマートフォンとHP Moonshot ARMサーバで動作し、x86プラットフォームと同じ機能を提供する」とコメントしている。

 Ubuntu 13.10は、ブラウザやカレンダ、時計、天気予報、電卓などのモバイル向けアプリを含む。さらに、Ubuntu向けアプリの開発ツールをセットにしたSDKも導入した。ネイティブアプリとHTML5アプリの両方の開発に対応し、単一のコードベースでスマートフォンとタブレット、PC用のアプリが簡単に構築できるという。検索機能「Dash」では、新たにWikipediaやAmazon、Google News、Flickrなどを検索できるようにしたほか、さまざまな検索結果を自動的に組み合わせる「Smart Scope」を加えた。

 一方、サーバとクラウド向けのUbuntu 13.10は、「OpenStack Havana」を初めて完全サポートし、「VMWare vSphere」も管理可能とした。クラウド構築ツール「Juju」の更新版では、同じ物理マシンや仮想マシン上で複数のサービスを実行するLXCコンテナの管理に対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。