ニュース
» 2013年10月23日 16時38分 UPDATE

Windows Azure情報アップデート:「Windows Azure SDK 2.2」リリース、Visual Studio 2013に対応

Visual Studio 2013のリリースを受け、Windows AzureのSDKもアップデートした。リモートでのデバッグが容易になる。.NETアプリケーションのAzure環境移行支援も強化している。

[鈴木聖子,@IT]

 米マイクロソフトは2013年10月22日、「Windows Azure SDK 2.2」のリリースを発表した。先に公開された統合開発環境の最新版「Visual Studio 2013」に対応し、サインイン統合などの新機能を提供している(関連記事「マイクロソフト、Visual Studio 2013のローンチは11月13日」)。

 Windows Azure SDK 2.2は主な新機能として、Windows Azure Webサイトとクラウドサービス上でのデバッグ機能をサポートした。Visual StudioをWindows Azure Webサイトまたはクラウドサービスで実行されているRemote Debuggerに接続して、デバッグを実行できる。

 Visual Studioからのサインイン機能では、Windows Azureで実行している全てのアプリケーションとサービスが容易に参照・管理できるようになった。Visual StudioのServer Explorerで「Windows Azure」のアイコンを右クリックして「Windows Azureに接続」を選ぶと、Windows Azureのサインイン画面が表示され、メールアドレスを入力するとサインインできる。

 また、クラウドサービス、仮想マシン、仮想ネットワーク、Webサイト、ストレージアカウントを自動化するためのライブラリ「Windows Azure Management Libraries for .NET」のプレビュー版を提供し、複雑化する環境の構築やWindows Azureへの移植を支援する。

 一方、重要なサーバデータを自動的にWindows Azureにバックアップできる「Windows Azure Backup」の正式版と、仮想マシンの自動レプリケーションによってSystems Center 2012のプライベートクラウド復旧を支援する「Hyper-V Recovery Manager」のプレビュー版も併せて公開した(関連記事「Windows AzureがWindows Server環境バックアップの正式な選択肢に」)。

mhss_hypervrecovory.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。