ニュース
» 2013年10月25日 16時52分 UPDATE

SVG普及に弾み?:Adobe、SVGコンテンツのアニメ化ライブラリ「Snap.svg」を公開

米Adobe Systemsは、SVGコンテンツのアニメーション化などを行えるオープンソースのJavaScriptライブラリ「Snap.svg」を公開した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Adobe Systemsは2013年10月24日、SVGコンテンツのアニメーション化などを行えるオープンソースのJavaScriptライブラリ「Snap.svg」を公開したGitHubからも、無償で入手可能だ。

 SVGはXMLをベースにした、ベクターグラフィックスの記述言語。Snap.svgではSVGコンテンツのアニメーション化などの操作が可能で、マスキング、クリッピング、パターン、フルグラデーション、グループ化などの機能を提供し、現代のWebブラウザに合わせた双方向コンテンツを作成できる。ライセンスはApache 2を利用している。

 コンテンツ作成ツールは「Adobe Edge Animate」「Flash Pro CC」「Illustrator CC」「Adobe Photoshop CC」などが適しているという。既存のSVGにも対応しており、過去に作成したコンテンツの再利用や、インタラクティブ機能の追加も可能。

 Snap.svgの開発を手掛けた同社のディミトリ・ブラノフスキー氏は、Internet Explorer(IE)6以降のブラウザ上でSVGを扱うための事実上の標準となってきた「Raphael」の作者だという。Snap.svgはIE 9以降、Safari、Chrome、Firefox、Operaなどの最新ブラウザに対応する。

 SVGは長い間IEがサポートしていなかったため利用が広がらない状況だったが、IE 9で正式対応したことから今後は普及が予想される。Flash Playerに対応していないモバイルブラウザが普及していることもあり、Adobeのプレスリリースでは「変わり続けるデザイナーやデベロッパのニーズに応え、その作品をさまざまなブラウザを通して最大限のユーザーに届けるため、AdobeはSnap.svgのような新しい技術に力を入れている」と説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。