ニュース
» 2013年10月29日 16時05分 UPDATE

最新のOpenFlow 1.3に対応:オープンソースの仮想ネットワークソフト、「OpenVNet」公開

あくしゅが運営するWakame Software Foundation(WSF)は、OpenFlow 1.3を採用した仮想ネットワーク構築ソフトウェア「OpenVNet」をオープンソースとして公開した。

[高橋睦美,@IT]

 あくしゅが運営するWakame Software Foundation(WSF)は2013年10月28日、OpenFlow 1.3を採用した仮想ネットワーク構築ソフトウェア「OpenVNet」を公開した。LGPLv3に基いて公開されており、誰でも無償で利用できる。

 OpenVNetは、オーバーレイ型の仮想ネットワークを構築するためのオープンソースソフトウェア。仮想スイッチ/仮想ルータの役割を果たすほか、外部の物理ネットワークと接続するゲートウェイ(VNetEdge)としても動作する。

 特徴は、OpenFlowの最新バージョンであるOpenFlow 1.3に対応していること。MAC2MACおよびGRETunnelにも対応し、既存の物理ネットワークを生かしながら、柔軟に設定、変更が可能な仮想ネットワークを構築できる。マルチテナントネットワークの管理も可能で、普段使われていないネットワーク機器を集約し、利用効率を高めることができる。

 OpenVNetはRPM(RPM Package Manager)形式で提供され、Cent OSなどで動作する。仮想ネットワークの変更作業はWeb APIおよびコマンドラインを介して実行可能だ。Webインターフェイスは今後提供予定という。

 WSFでは今後のリリースで、VXLANなどのトンネル技術のサポートに加え、動的ファイアウォールやグローバルIPアドレスNAT、DNSといった機能を追加していく予定だ。また、パートナー企業を募ってパイロットプロジェクトも実施していく方針。すでに、国内大手メーカーなどとともに検証作業を進めているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。