ニュース
» 2013年10月30日 16時18分 UPDATE

月額課金も用意:デルのVDIシステム、中堅・中小企業への導入を狙う

デルは、中堅・中小規模の企業への導入を狙ったVDIシステム「Dell Active System BRS for VDI」の販売を開始すると発表した。小規模向けに月額課金で利用可能なメニューも用意した。

[山口哲弘,@IT]

 デルは2013年10月30日、中堅・中小規模の企業への導入を狙ったVDI(Virtual Desktop Infrastructure)システム「Dell Active System BRS for VDI」の販売を開始すると発表した。規模や用途に応じて「Active System BRS for VDI 100」と「同300」のほか、システム検証用の「Active System BRS for VDI PoC(Proof of Concept)」、そして「同VSBP」を用意した。VSBPは、初期費用なしに月額料金のみで導入可能である。

 Active System BRS for VDI 100/300はいずれも、ハードウェア、仮想化ソフトウェア、導入設計サービス、保守がすべて含まれたパッケージ製品で、典型的な仮想デスクトップ環境をそれぞれ100/300ユーザー分稼働可能な規模を備える。ハードウェア構成は、「VMware Horizon View」を稼働させる管理用サーバとして「Power Edge R420」が1台、「VMware vSpere 5.1」を稼働させる仮想マシンサーバとして「Power Edge R620」が2台(Active System BRS for VDI 100)または4台(同300)、ストレージ装置として「EqualLogic PS6100X」が1台(同100)または2台(同300)、ネットワークスイッチの「PowerConnect 7024」である。仮想マシンの負荷やストレージの使用量に応じて、サーバやストレージ装置を後から拡張できる。価格は、それぞれ1600万円〜/3100万円〜である。いずれも、ハードウェア、ソフトウェア、基本導入サービス、保守料金、送料、税が含まれる。

 これに対してActive System BRS for VDI PoCは動作検証用で、管理用サーバと仮想マシンを稼働させるサーバを1台のPower Edge R420でまかなう。本稼働に移行の際には、管理用サーバに流用が可能だ。価格は298万円〜である。

 一方、VSBPは「Very Small Business Pack」の略で、36カ月のレンタル契約をオリックス・レンテックと結んだ上で月額課金を採用して、初期投資額を低く抑えたい小規模の顧客を狙ったもの。クライアントからのアクセス管理に、米Citrix Systemsが開発し、アセンテックが提供するクラウドサービス「GoToMyPC」を利用することで価格を抑えた。10ユーザー、15ユーザー、20ユーザーに向けた3種類のメニューがあり、1ユーザー当たりの料金(税別)は、それぞれ月額4920円〜、4500円〜、3900円〜。いずれもハードウェアのレンタル料金やその他の費用の月額分割代金が含まれる。いわゆるDaaS(Desktop as a Service)と異なり、ハードウェアを占有できることが利点だとしている。デルのパートナーとなっているアセンテックでは、これまで10年以上にわたってVDIの導入に取り組んできたが、小規模の場合、初期投資額の大きさに加え、導入までのシステム構築期間が長くかかっていたことが、普及の妨げになっていたとしている。VSBPは、最短10日間で導入可能だという。

 IDC Japanによると、VDIの導入率は2012年に20%を超え、2013年には24.3%になると見られている。2017年には48.7%まで伸びる見込みで、デルではVDIが普及期に入ったと見ている。さらに、Windows XPやWindows Server 2003のサポート切れに伴うOSの入れ替えを契機に管理の効率化を図ろうとVDIの導入促進が進むと見ておリ、企業数の多い中堅・中小企業を狙ったオールインワンのVDIシステムを用意した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。