ニュース
» 2013年11月01日 15時51分 UPDATE

AWS情報アップデート:「AWS SDK for JavaScript」プレビュー公開、ブラウザから直接AWSサービス呼び出し

米Amazon Web Servicesは2013年10月31日、ブラウザからAWSのサービスに直接アクセスできるアプリケーションを構築するためのSDK「AWS SDK for JavaScript」の開発者プレビューを公開した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は2013年10月31日、サーバサイドでコードを記述することなく、ブラウザからAWSのサービスに直接アクセスできるアプリケーションを構築するためのSDK「AWS SDK for JavaScript」の開発者プレビューを公開した。

 AWS SDK for JavaScriptは、ブラウザやサーバサイドNode.jsコードと同じプログラミングモデルを使っている。同SDKで構築したアプリケーションは、サーバサイドのコードを書くことなく、「Amazon S3」「Amazon SQS」「Amazon SNS」「Amazon DynamoDB」の各サービスを直接呼び出すことができるという。

 各サービスとも全機能へのアクセスをサポートし、S3のバケット作成、メッセージキューの管理、DynamoDBテーブルの作成やクエリといった作業が可能だ。

 利用するにはHTMLファイルに

<script src="https://sdk.amazonaws.com/js/aws-sdk-2.0.0-rc1.min.js"></script>

というタグ付きの記述を追加する。リッチでインタラクティブなアプリケーションを作成するには、jQueryのような高度なレベルのJavaScriptライブラリが望ましいとしている。

 認証とアクセス管理については、HTMLやJavaScriptにAWSの認証情報を含める必要はなく、Web IDフェデレーション機能を使ってユーザー認証が行える。FacebookやGoogle、あるいは「Login with Amazon」などのサービスが利用できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。