ニュース
» 2013年11月05日 15時01分 UPDATE

企業動向:医療IT分野強化へ、日立がインターシステムズとパートナー契約へ

日立が医療ITシステムの国内外で多数の医療機関での導入事例を持つインターシステムズと、アプリケーションパートナー契約を締結した。これを機に医療IT分野での勢力拡大を目指すとしている。

[原田美穂,@IT]

 日立製作所(日立)は2013年10月31日、医療ITシステムの連携や基盤技術を多く持つ米インターシステムズの日本法人であるインターシステムズジャパンと、アプリケーションパートナー契約を締結した。

 インターシステムズは、同社アプリケーション製品の核であるオブジェクトデータベース製品「Cache」と、アプリケーション接続や連携のためのプラットフォームである「Ensemble」、医療情報プラットフォーム「HealthShare」を提供する。HealthShareは、欧米では既に政府機関単位で医療データ連携で採用実績がある。

 日立では、今後の注力分野の1つに医療業界を挙げており、今回の契約を足がかりに、ヘルスケア情報連携アプリケーション開発以外にも、予防・介護を含む医療アプリケーション開発やクラウドサービスなどを含むさまざまな形態のビジネスに発展させ、日本をはじめとするグローバルでの医療分野におけるITを活用したビジネス領域を、両社ともに広めていくことを目指すとコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。