連載
» 2013年11月06日 18時00分 公開

2カ月で160本作った還暦開発者が送る10のアプリ開発ノウハウ(3):選択した画像をトリミングして保存・削除・一括削除するには (4/4)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]
前のページへ 1|2|3|4       

「切り出す」ボタンがタップされた時の処理(Button1_Clickメソッド処理)

    Private Async Sub Button1_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles Button1.Click
        Try
            Dim myWriteableBitmap = New WriteableBitmap(CInt(Rectangle1.Width), CInt(Rectangle1.Height))
            ‘ このプログラムの肝。矩形で選択された部分を切り出す処理だ。
            Dim myCrop = Await myWriteableBitmap.FromStream(Await myFile.OpenReadAsync)
            mySelectedImage = myCrop.Crop(CInt(Rectangle1.Margin.Left), CInt(Rectangle1.Margin.Top), CInt(Rectangle1.Width), CInt(Rectangle1.Height))
            resultImage.Width = Rectangle1.Width
            resultImage.Height = Rectangle1.Height
            resultImage.Source = mySelectedImage
            mySelectedImage.Invalidate()
            saveButton.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Visible
            saveButton.IsEnabled = True
        Catch
            ErrorShow()
        End Try
    End Sub

 これは、このアプリの肝となる処理だ。CodePlexのWriteableBitmapExのCropメソッドを使用して、矩形で選択された部分を切り出している。

 まず、非同期処理で行われるため、メソッドの先頭にAsyncを追加する。次に、Rectangle(矩形)のWidthとHeightで初期化された、新しいWriteableBitmapのインスタンスmyWriteableBitmapオブジェクトを作成する。

 イメージデータやファイルからデータを読み取る、FromStreamメソッドで、FileOpenPickerで指定したファイルのデータを読み取り、myCrop変数で参照しておく。

 Cropメソッドでは、Rectangleで指定した領域を切り出し、WriteableBitmap型のメンバー変数mySelectedImageで参照しておく。Cropメソッド(WritebleBitmapExに含まれるメソッド)の書式は下記の通りだ。

WriteableBitmap.Crop(x As Integer,y As Integer,width As Integer,height As Integer)

 切り出された画像を表示するresultImageのWidthにRectangleのWidthを指定し、HeightにはRectangleのHeightの値を指定。SourceプロパティにmySelectedImageオブジェクトを指定する。

 Invalidateメソッドはビットマップ全体を再描画する。「保存」ボタンを表示状態にして、使用を可能にする。エラーが発生した場合は、ErrorShowメソッドを実行する。

「保存」ボタンがタップされた時の処理(saveButton_Clickメソッド処理)

    Private Async Sub saveButton_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles saveButton.Click
        Dim myFolder As StorageFolder = Windows.Storage.KnownFolders.PicturesLibrary
        Dim SubFolder = Await myFolder.CreateFolderAsync("TrimingImage", CreationCollisionOption.OpenIfExists)
        Dim mySaveFile As StorageFile = Await SubFolder.CreateFileAsync(DateTime.Now.ToString("yyyyMMddHHmmss") & ".png")
        Dim myID As Guid = Windows.Graphics.Imaging.BitmapEncoder.PngEncoderId
        Await WriteableBitmapSaveExtensions.SaveToFile(mySelectedImage, mySaveFile, myID)
        Dim saveMessage As New MessageDialog("ピクチャフォルダー内のTrimingImageフォルダに保存しました。")
        Await saveMessage.ShowAsync
        GridView1.Items.Clear()
        saveButton.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Collapsed
        Await AddPhoto()
    End Sub

 この処理も非同期処理が行われるため、メソッドの先頭にAsyncを追加する。

 ピクチャライブラリ―の「TrimingImage」フォルダーにアクセスするには、CreateFileAsyncメソッドでTrimingImageフォルダー内に「"yyyyMMddHHmmss"」形式のPNGファイルを作成。Windows.Graphics.Imaging.BitmapEncoder.PngEncoderIdで、PNG画像のグローバル一意識別子を取得して、変数myIDに格納しておく。

 WinRTXamlToolkit.ImagingのWriteableBitmapSaveExtensions.SaveToFileメソッドで、切り出した画像(mySelectedImage)を「yyyyMMddHHmmss.png」に書き出す。WriteableBitmapSaveExtensions.SaveToFileメソッドの書式は下記だ。

WriteableBitmapSaveExtensions.SaveToFile(writeableBitmap as Windows.UI.Xaml.Media.Imageing.WriteableBitmap,output as Windows.Storages.StorageFile,encodeId as System.GUID)

 保存した旨のメッセージボックスを表示。切り出し保存した画像の一覧を表示するGridView1をクリアする。「保存」ボタンを非表示にし、GridViewに切り出し保存した画像を追加するAddPhotoタスクを再実行する。

切り出され保存された画像の一覧を表示する処理(AddPhotoタスク処理)

    Private Async Function AddPhoto() As Task
        Dim myFolder As StorageFolder = Windows.Storage.KnownFolders.PicturesLibrary
        Dim mySubFolder = Await myFolder.CreateFolderAsync("TrimingImage", CreationCollisionOption.OpenIfExists)
        myPictureFiles = Await mySubFolder.GetFilesAsync()
        If myPictureFiles.Count > 0 Then
            deleteButton.IsEnabled = True
            allDeleteButton.IsEnabled = True
        Else
            deleteButton.IsEnabled = False
            allDeleteButton.IsEnabled = False
        End If
        For Each myPhotoFile In myPictureFiles
            Dim bmp As New BitmapImage
            bmp.SetSource(Await myPhotoFile.OpenSequentialReadAsync)
            Dim myImage As New Image
            myImage.Stretch = Stretch.Uniform
            myImage.Width = 80
            myImage.Height = 60
            myImage.Source = bmp
            Dim myFileName As New TextBlock
            myFileName.Text = myPhotoFile.Name
            FileName = myPhotoFile.Path
            myFileName.FontSize = 10
            myFileName.HorizontalAlignment = Windows.UI.Xaml.HorizontalAlignment.Center
            Dim myStackPanel As New StackPanel
            myStackPanel.Margin = New Thickness(3)
            myStackPanel.Children.Add(myImage)
            myStackPanel.Children.Add(myFileName)
            GridView1.Items.Add(myStackPanel)
        Next
        Index = myPictureFiles.Count
        If Index <= 0 Then
         Button1.IsEnabled = False
            Exit Function
        Else
            Dim message As New MessageDialog("一番新しいファイルが選択されます。")
            Await message.ShowAsync
            GridView1.Focus(Windows.UI.Xaml.FocusState.Keyboard)
            GridView1.SelectedIndex = Index - 1
            GridView1.ScrollIntoView(GridView1.SelectedItem)
        End If
    End Function

 この処理も非同期処理が行われるため、メソッドの先頭にAsyncを追加する。

 ピクチャライブラリ―の「TrimingImage」フォルダーにアクセスするには、GetFilesAsyncメソッドでTrimingImageフォルダー内の画像を取得し、コレクションメンバー変数myPictureFilesに格納しておく。「TrimingImage」フォルダー内にファイルがある場合は、「削除」と「一括削除」ボタンの使用を可能にする。それ以外は使用不可とする。

 コレクションメンバー変数myPictureFiles内のファイルを変数myPhotoFileに格納しながら、以下の処理を繰り返す。BitmapImageの新しいインスタンスbmpオブジェクトを作成し、SetSourceメソッドに、「Await myPhotoFile.OpenSequentialReadAsync」と指定して、順次読み取りアクセス用のストリームを開き、BitmapSourceのソースイメージに設定する。

 新しいImageのインスタンスmyImageオブジェクトを作成し、WidthとHeightプロパティを設定する。Sourceプロパティにbmpオブジェクトを設定する。

 TextBlockの新しいインスタンスmyFileNameオブジェクトを作成する。TextプロパティにTrimingImageフォルダー内のファイル名を指定。文字サイズには「10」を指定し、中央揃えとしておく。

 StackPanelの新しいインスタンス、myStackPanelオブジェクトを作成。Marginに「3」を指定して余白を設ける。AddメソッドでmyStackPanelにmyImageとmyFileNameオブジェクトを追加し、そのmyStackPanelオブジェクトをGridView1に追加する。これで、切り出された画像とファイル名がGridView1に一覧で表示される。

 「TrimingImage」フォルダー内に画像ファイルがない場合は、「切り出す」ボタンの使用を不可とし、処理を抜ける。「TrimingImage」フォルダー内に画像がある場合は、「一番新しい画像が選択されます。」のメッセージが表示される。

 そして、GridView1にフォーカスを移し、一番新しく切り出された画像を選択状態にし、ScrollIntoViewメソッドで、その画像の位置までスクロールする。一番新しい画像が選択された状態になり、周囲に白い枠線が表示される。これで、キーボードの[←]や[→]キーで選択が可能になる。

※Windowsストアの審査では、こういった場合は、必ずキーボードでの選択ができないとリジェクトとなるので、注意が必要だ。

GridView1に表示されている画像が選択された時の処理(GridView1_SelectionChangedメソッド処理)

    Private Async Sub GridView1_SelectionChanged(sender As Object, e As SelectionChangedEventArgs) Handles GridView1.SelectionChanged
        flag = True
        Dim myIndex As Integer = GridView1.SelectedIndex
        If myIndex < 0 Then
            Exit Sub
        Else
            Dim myFolder As StorageFolder = Windows.Storage.KnownFolders.PicturesLibrary
            Dim mySubFolder = Await myFolder.CreateFolderAsync("TrimingImage", CreationCollisionOption.OpenIfExists)
            myPictureFiles = Await mySubFolder.GetFilesAsync()
            myFile = myPictureFiles(myIndex)
            Dim trimBmp = New BitmapImage
            trimBmp.SetSource(Await myPictureFiles(myIndex).OpenReadAsync)
            Image1.Source = trimBmp
            Rectangle1.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Collapsed
            resultImage.Source = Nothing
            Button1.IsEnabled = False
            deleteButton.IsEnabled = True
         allDeleteButton.IsEnabled = True
        End If
    End Sub

 この処理も非同期処理が行われるため、メソッドの先頭にAsyncを追加する。

 次に、メンバー変数flagをTrueで初期化し、トリミングは不可としておく。GridView1から選択された画像のインデックスを変数myIndexに格納。GridView1から画像が選択された場合は、「TrimingImage」フォルダーにアクセスし、GetFilesAsyncメソッドでファイルを取得して、コレクションメンバー変数myPictureFilesで参照しておく。

 myIndexに該当するファイルを取得しメンバー変数myFileに格納しておく。

 新しいBitmapImageのインスタンスtrimBmpオブジェクトを作成。SetSourceメソッドに、「Await myPictureFiles(myIndex).OpenReadAsync」と指定して、指定した画像のランダムアクセス用のストリームを開き、BitmapSourceのソースイメージに設定する。

 Image1のSourceプロパティにtrimBmpオブジェクトを指定。これで、GridView1から選択された画像がImage1に表示されるが、トリミングはできなくなる。

 Rectangle1を非表示、切り出した画像を表示するresultImage領域をクリア、「切り出す」ボタンの使用を不可、「削除」と「一括削除」ボタンの使用を可能とする。

次回は、任意のフォルダ―から選択した画像をFacebookに投稿

 今回は、ここまでだ。また次回の記事でお会いしよう。次回は任意のフォルダ―から選択した画像をFacebookに投稿する方法を紹介する。

関連リンク

本コンテストでは、2013年9月1日〜12月1日に新たにWindowsストアに新規公開されたアプリを募集します。入賞したアプリの製作者には、総額130万円の賞金が授与されますので、ふるってご応募ください。

著者プロフィール

PROJECT KySS 薬師寺 国安(やくしじ くにやす)

1950年生まれ。フリーVBプログラマ。高級婦人服メーカーの事務職に在職中、趣味でVBやActiveXに取り組み、記事を執筆。2003年よりフリー。.NETやRIAに関する執筆多数。Windowsストアアプリも多数公開中(約270本)。

 

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。

Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。

Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。

PROJECT KySSは、1997年に薬師寺聖と結成したコラボレーション・ユニット


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。