ニュース
» 2013年11月11日 15時53分 UPDATE

登録料の値下げも:マイクロソフト、WindowsストアとWindows Phoneストアの開発者アカウントを一本化

マイクロソフトは、これまで別々に登録する必要があった「Windowsストア」と「Windows Phoneストア」向けの開発者アカウントを一本化することを明らかにした。併せて登録料も値下げした。

[鈴木聖子,@IT]

 米マイクロソフトは2013年11月、これまで別々に登録する必要があった「Windowsストア」と「Windows Phoneストア」向けの開発者アカウントを一本化することを明らかにした。併せて登録料も値下げした。

 アカウントの一本化により、Windowsストアに登録済みの開発者は、そのMicrosoftアカウントを使って追加料金なしでWindows Phoneストアからもアプリを配信できるようになる。同様に、Windows Phoneストアに登録していれば、Windowsストアにもアプリを配信することが可能になる。

 アカウント登録料は、個人が19米ドル、法人は99米ドルに値下げした。登録料を1度支払えば、WindowsストアとWindows Phoneストアの両方にアプリを提出できる。

 1つのMicrosoftアカウントを使ってWindowsストアとWindows Phoneストアにそれぞれ登録済みの開発者には、次回の更新料が1年間無料になるコードを2013年11月中に電子メールで送信するという。

 なお、Windows Phoneストアにアカウントを登録する際は、ユーザーの身元確認ため、新規と更新のいずれの場合もクレジットカード情報の提供を求められる。

 アプリの提出と管理に使う「Dev Center Dashboard」は、今後もWindowsストア用とWindows Phoneストア用で別々に運営する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。