ニュース
» 2013年11月12日 20時53分 UPDATE

ファストアップグレードサービスも提供:VMware対応やパフォーマンス向上を図った「Zabbix 2.2」リリース

VMware環境の監視機能追加やパフォーマンス向上などを図ったオープンソースの監視ソフトウェア「Zabbix」の新バージョン、「Zabbix 2.2」がリリースされた。

[高橋睦美,@IT]

 ラトビアに本拠を置くZabbixは2013年10月12日、オープンソースの監視ソフトウェア「Zabbix」の新バージョン、「Zabbix 2.2」のリリースを発表した。

 Zabbixは、サーバやネットワークデバイス、アプリケーションの可用性、パフォーマンスを監視する統合監視ソフトウェアだ。専用エージェントを介した監視とエージェントレス監視の両方が可能なこと、テンプレートを用いて容易に設定が行えることなどが特徴だ。

zabbix_22.png

 新バージョンではVMware仮想環境(VMware vCenter/vSphere)の監視機能やWindows WMI(Windows Management Instrumentation)監視機能など、100以上の新機能を追加した。例えばWeb監視機能では、監視設定のテンプレート化、HTTP Proxy対応の強化、シナリオ監視におけるページ中の文字列検索と再利用といった機能が加わり、より複雑なWebページのシナリオ監視が可能となった。

 また、ディスクI/OとCPUの使用を最小限に抑えるよう最適化を図り、全体的にパフォーマンスの向上も図っている。これまでと同じ環境ならば、いままで以上のデータをより早い周期で収集できるし、1台のZabbixサーバで数万台規模のサーバや仮想マシン、ネットワーク監視を行えるようになるという。

 Zabbix 2.2は無償でダウンロード可能なほか、旧バージョンであるZabbix 1.8のユーザー向けに、過去の監視データを失うことなく、最短で停止を数分以内に抑えながらZabbix 2.0/2.2にアップグレードできる「Zabbix 2.0/2.2 ファストアップグレードサービス」も提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。