ニュース
» 2013年11月13日 16時04分 UPDATE

ソフトウェアも刷新:ストレージ装置向けフラッシュメモリ、日立が大容量化

日立製作所は、フラッシュメモリを採用したストレージ装置と関連ソフトウェアの提供を開始した。フラッシュメモリモジュールの容量を1.6Tバイトまたは3.2Tバイトに高め、専用制御ソフトウェアも刷新してアクセス性能を高めた。

[山口哲弘,@IT]
Hitachi.jpg Hitachi Accelerated Flash

 日立製作所は2013年11月13日、フラッシュメモリモジュール「Hitachi Accelerated Flash(HAF)」を採用したストレージ装置と関連ソフトウェアの提供を開始したと発表した。新たに追加したストレージ装置は、ミッドレンジのユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage 150(HUS150)」と、オールフラッシュモデル「Hitachi Unified Storage 150 all flash(HUS150 all flash)」。HUS150には、容量が1.6TバイトのHAFを用意した。一方、HUS150 all flashは、標準で1.6TバイトのHAFを5台内蔵しており、最大で480台までHAFを拡張できる。

 同時に、HUS150の上位機種に当たるエンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」と、ユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM(HUS VM)」向けには、容量を従来比2倍の3.2Tバイトに拡大したHAFを用意した。VSPには最大192台、HUS VMには最大96台のHAFを実装できる。

 さらにHUS VMには、HAFを実装した際のアクセス性能を、従来の「Flash acceleration」に比べて約2倍に高めるソフトウェア「Flash optimization」を提供する。このソフトウェアを利用すると、約100万IOPSのアクセス性能を発揮するという。

 各製品の価格は以下の通り(いずれも税抜き)。HUS 150向けのHAF(容量1.6Tバイト)は363万5000円〜。VSPおよびHUS VM向けのHAF(同3.2Tバイト)は611万5000円〜。Flash optimizationは274万6000円である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。