ニュース
» 2013年11月13日 16時44分 UPDATE

OpenStackに対応:異なる仮想化ソフトによるゲストOSを一元管理、レッドハットがツールを発売

レッドハットは、クラウド環境の管理ツール「Red Hat CloudForms 3.0」の提供を開始したと発表した。管理対象に、新たにRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformを追加した。

[山口哲弘,@IT]

 レッドハットは2013年11月13日、クラウド環境の管理ツール「Red Hat CloudForms 3.0」の提供を開始したと発表した。管理対象に、従来の同2.0が対応していたRed Hat VirtualizationやVMware vSphere、Amazon AWSによる仮想環境/クラウド環境に加え、新たにRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformを追加した(OpenStackの関連記事)。異なる仮想環境/クラウド環境を一元的に管理できる。

 CloudFormsを利用すると、ゲストOSの自動展開や各ゲストOSのステータス管理、課金ポリシーの設定、各ゲストOSへのリソース配分の管理などが実施できる。例えば、テンプレートとなるゲストOSの内容から、実際に運用中のゲストOSの内容がどの程度変更されているか(「ドリフト」と呼ぶ)を診断できる。ゲストOSで不具合が発生したときでも、ドリフト具合や以前の状態との比較といった情報を基に不具合原因を分析し、設定内容が似たゲストOSを探したり、問題が大きくなったときのシナリオを作成したりできる。これらの機能を、異なる仮想化ソフトウェアが混在していても、一つの画面で一元管理可能だ。

 サブスクリプションサービス(1年ごとの契約)での提供で、価格は2ソケットサーバ1台当たり、スタンダードが24万400円、プレミアムが31万1900円(いずれも税別)。両者の違いはユーザーサポートの内容で、電話とWebサイトによるサポートを、スタンダードは月曜日〜金曜日の9時〜17時の間、プレミアムは24時間365日受けられる。Amazon AWSで稼働するゲストOSを管理する場合はゲストOS単位の課金となり、価格は1インスタンス当たり8600円(税別)。この場合も、1年ごとのサブスクリプション契約となる。なお、既存のRed Hat CloudFormsサブスクリプションサービスを受けているユーザーは、CloudForms 3.0をWebサイトから既にダウンロード可能である。

RedHat.jpg Red Hat CloudForms 3.0の管理画面の例

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。