ニュース
» 2013年12月04日 15時35分 UPDATE

ベクトル型スパコンの技術を生かす:NECが処理並列化のためのソフトウェアライブラリを開発

ベクトル型スパコンの技術を汎用化、一般的なプログラムを並列化するソフトウェアライブラリをNECが開発した。

[原田美穂,@IT]

 NECは、2013年12月3日、リアルタイムでの画像認識など、負荷の高い演算を高速化する技術をソフトウェアライブラリとして実現したと発表した。

 NECは、大量データのリアルタイム処理を低コストで実現するソフトウェア技術を開発したと発表した。この技術は、同社がベクトル型スパコン開発で採用してきた技術の応用だという。

mhdb_nec_presentationimage.jpg 開発したライブラリの機能概要(提供:NEC)

 NECの検証では数百人が映っている映像の中から1人を特定する処理に本技術を適用し、100個以上のプロセッサコアを搭載したメニーコアサーバ(Express5800/HR120b-1、Xeon Phi2基使用*)で実行した結果、従来は数分を要していた処理を1秒以内に短縮できたとしている。

* Xeon Phiについては、関連記事1関連記事2を参照。



mhdb_testimage.jpg 同技術を使ったデモの様子。スタジアムの観客席の中から特定の人物を探す処理を行っている(提供:NEC)

 ライブラリは、今後、自社既存ソリューションの効率化や、同社の注力分野である社会インフラ向けのシステムなどへの応用を予定しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。