ニュース
» 2013年12月04日 17時31分 UPDATE

企業向けPaaS環境構築ツール:レッドハットが「OpenShift Enterprise 2.0」発表

オンプレミス環境にPaaSを構築できるOpenShiftの最新版がリリース。自動化や既存環境との連携などが強化されている。

[鈴木聖子,@IT]

 米レッドハットは2013年12月3日、「OpenShift Enterprise 2.0」を発表した。OpenShiftはレッドハットが提供するPaaS(Platform as a Service)環境と、それを構築するためのオープンソースソフトウェアを指す。OpenShift Enterpriseは、このOpenShiftをオンプレミス環境で運用するための製品。バージョン2.0は同プラットフォームと周辺のデータセンターとの統合強化が主要な改良点である。

 バージョン2.0ではこの他、インストール作業のシンプル化を図り、OpenStack上のOpenShiftインストールを自動化するテンプレートを実装した。

 また、データセンターネットワークの既存リソースを活用したいという要望に応えて、OpenShiftメッセージングレイヤからの事前定義された通信を可能にした。特に外部のルータやロードバランサに使われているアプリケーションイベントに配慮したとしている。

 セキュリティ関連ではネットワーク認証のためのKerberosを実装した。暗号化キーを使った機器へのアクセスの代替として、Kerberos原則をユーザーアカウントと関連付けて、SSHアクセスで利用できるようにしている。

 開発者向けの機能では、チームコラボレーション機能が強化され、開発者やユーザーが自分のアプリケーションプロジェクトに他の開発者を追加して、複数でプロジェクトに取り組めるようになった。ロールはビュワー、エディタ、管理者の選択ができる。

 開発環境としては新たにNode.jsが使える他、Python、Ruby、PostgreSQLの「カートリッジ」(モジュール)を更新。JBoss Developer Studio 7.1の機能統合、Jenkinsとの連携強化なども盛り込まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。