連載
» 2013年12月09日 17時30分 UPDATE

たまおきのOpenStackウォッチ(2013年12月版):デプロイメントツールの充実、キャリアグレードOpenStack/OpenStack Havanaの新機能まとめ (1/2)

OpenStack Summit Hong Kongの注目セッションの情報、OpenStack Havanaの新機能を紹介します。

[たまおきのぶゆき,日本仮想化技術]

backn2.gif

連載バックナンバー

 日本仮想化技術のたまおきです。

 「OpenStack Summit Hong Kong」の視察のため、11月上旬に香港に行ってきました。密度の濃い4日間でしたが、良い経験でした。来年(2014年)の5月にアトランタでOpenStack Summitがありますので、読者の皆さんと行きたいですね。

OpenStack Summit Hong Kongの、気になるところ3つ

 今回は2013年11月5〜8日に香港で開催したOpenStack Summitについてお伝えします。OpenStack Summitは半年に1回、新バージョンをリリースした翌月に開催しています。Red HatやIBM、HPなどのOpenStack Foundationのプラチナパートナーによるキーノートと、開発者同士がOpenStackの機能実装についてディスカッションするデザインセッション、合計120を超える一般セッションで構成されます。

 OpenStack Summit参加中に筆者が気になったことが3つあります。

OpenStack界隈ではUbuntu+KVMが主流に

 1つ目はOpenStack Communityメンバー向けに実施したユーザーサーベイの結果です。このサーベイはグローバルで集計したものですが、ホストOSの56%がUbuntu、Hypervisorの62%がKVM、という結果が公開されました。現在のOpenStackではUbuntuとKVMの組み合わせが標準構成といえます。

mhss_openstack_user_survey.png

キャリアグレードOpenStackが登場、テレコム業界でのシェアは拡大?

 2つめはCanonicalとRed Hatのキーノートです。

 CanonicalはUbuntuを支援している企業として有名です。OpenStack Foundationのプラチナパートナーの1社でもあります。CanonicalのキャリアグレードOpenStackの発表はテレコム企業でOpenStackの導入検討が進んでいることを再認識させられました。

mhss_CarrierGradeOpenStack.png

デプロイメントツール:Juju&MAAS、Triple0

 CanonicalもRed Hatもキーノートの中でデプロイメントツールについて言及していることに興味を覚えます。CanonicalはJuju&MAASという自社のツールを紹介、Red HatはTripleOプロジェクトの紹介とプロジェクトへの取り組みを話していました。

 Triple0はOpenStack-on-OpenStackの略で、Oが3つでTripleOだそうです。Triple0については、筆者の理解では、OpenStack上で稼働しているサーバ群(OverCloud)と、将来OpenStackで使用を予定しているサーバ群(UnderCloud)を、まとめてOpenStackで管理する仕組みです。

mhss_tripleO.png

 個々のサーバを管理しているだけでなく、ネットワークやアプリケーションのデプロイメントの設定も管理しているので、500台×500台の組み合わせを管理しているとも言えます。Triple0はベアメタルプロビジョニングやオーケストレーションの技術を活用して、下記の実現を目指しています。

  • 物理マシンをネットワークに接続するだけで「UnderCloud」に認識
  • OSやアプリケーションを事前定義に従い、自動配置

 CanonicalとRed HatはホストOSだけではなく、デプロイメントツールにおいても熾烈なバトルを繰り広げるのでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。