ニュース
» 2013年12月24日 18時16分 UPDATE

CSVやJSON形式に変換し、分析や最適化に活用:Google、Cloud Platformの課金情報をエクスポートできる新APIをプレビュー公開

米Googleは2013年12月23日、Google Cloud Platformへの課金情報をエクスポートできる新機能「Billing Export」のプレビュー版を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは2013年12月23日、Google Cloud Platformへの課金情報をエクスポートできる新機能「Billing Export」のプレビュー版を発表した。「Billing API」を使って課金情報へのアクセスをプログラミングできる。

 クラウドサービスを管理する上で、コスト監視や分析、最適化のためのツールの重要性は増しているとGoogleは指摘する。だが同社のクラウドプラットフォーム使用状況に関するデータは、これまでGoogle Cloud Consoleでしか参照できず、そうしたツールの開発が難しかった。

 その問題の解決を目指した新機能がBilling Exportで、これを有効にすると、Google Cloud Platformの使用状況と推定料金に関する情報が1日ごとにCSVまたはJSON形式のファイルに自動変換され、ユーザーが指定するGoogle Cloud Storageバケットに保存される。

mt_billingapi.png Billing Export機能の概要(Google Cloud Platform Blogより)

 この情報にはCloud Storage API、CLIツール、Cloud Consoleファイルブラウザを使ってアクセス可能。データにはプロジェクト番号とリソースの種類が明記され、アクセス許可はCloud Storageバケット上で設定できる。

 ユーザー企業のWebFilingsはBilling Export機能について、「全クラウドプロジェクトの詳細な利用状況を1カ所で分析してコストを最適化できるようになった。時間の経過に沿ってアプリケーションをモニタし、利用傾向を把握できる素晴らしいツールだ」とのコメントを寄せている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。