ニュース
» 2014年01月10日 17時11分 UPDATE

ネイティブアプリ開発を支援:Facebook、モバイルアプリのA/Bテストツール「Airlock」を紹介

米Facebookが、社内で開発したモバイルアプリ用のA/Bテストフレームワーク「Airlock」の効果について紹介している。

[鈴木聖子,@IT]

 米Facebookが、社内で開発したモバイルアプリ用のA/Bテストフレームワーク「Airlock」について、2014年1月9日のブログで紹介している。

 Airlockは、Facebookが2年前にiOSとAndroid向けのアプリを書き換え、ネイティブ開発スタックを利用するようになった後に開発した。

 更新版アプリをリリースするごとに、新機能のパフォーマンスや、修正によるパフォーマンスや安定性の向上、インターフェイスの変更によるユーザーのアプリ利用方法の変化や使用時間の変化を分析する必要がある。

 こうした分析を行うためにアプリの各バ―ジョン間でデータを比較し、どのバージョンをリリースするかを決めるために開発したのがAirlockだという。

 このプロジェクトの目的は、アプリを進化させることと、ナビゲーションモデルをシンプル化することにあったと同社は説明する。この目的の下、タブバーを画面の下部に置いてタイムラインを格納したり、友達リクエストと通知を1つのタブに組み合わせるといったタブバーのデザインをテストして、現在のiPhone向けアプリのインターフェイスに落ち着いた。

 「さまざまなバージョンを開発し、リリースに至らなかったUIもあるが、それがテストというものだ」と同社は説明している。

 Airlockは現在、1回の実験で10〜15のバージョンをサポートでき、片手でも使いやすいナビゲーションモデルの確立や、利用状況の把握に役立っているという。Facebookは「Airlockのおかげでネイティブでのテストが可能になり、アプリを改善してこれまで以上に高速化することができた」と結んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。