連載
» 2014年01月10日 18時00分 UPDATE

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(5):パッケージソフト導入の「お・と・し・あ・な」 (1/2)

パッケージソフトの導入には、ベンダーのスキル不足や業務との不適合といった危険が常につきまといます。そうした問題に直面したとき、ユーザーとベンダーはお互いの状況や立場を積極的に共有し、垣根を超えて話し合うことが重要です。

[東京高等裁判所 IT専門委員 細川義洋,@IT]
title_jikenbo_a.gif

※この連載は「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」(細川義洋著)のCHAPTER1を、著者と出版社の許可の下、一部修正して転載するものです。

 自称“元カレ”こと、大手スーパー「越後屋」の跡取り息子、越後章介と食事をすることになった弁護士の有栖川塔子。のんきな章介が心配な塔子は、とげとげしい態度とは裏腹に、パッケージソフト導入に当たっての注意点を話します。

登場人物紹介

前回のお話

TOKO

…… ったく。まさか本当にシャトー・ペトリュスを置いている店に連れて来るなんて。アンタどんだけ金持ちなの。


SHOSUKE

気にしないでいいよ。塔子と食事をするって言ったら、「あの人は高いモノには目がないから、絶対にケチるなよ」って、パパに言われたんだ。


TOKO

何か、とんでもない誤解をされてるような……。


SHOSUKE

ねえ、続きを教えてよ。パッケージソフトを使うときの注意。


TOKO

ああ、そうだったわね。やっぱり要注意はベンダーのスキルかな。


SHOSUKE

スキル? 自分で勧めるソフトなんだから、スキルはあるでしょ?


TOKO

そうでもないのよ。客先でシステムを作る技術者は、そのユーザーのいろいろなシステムに携わるから、1つの技術を深く知らないのが普通だし、ちゃんと知っている技術者がいても、そういう人はあちこちから呼ばれるから、1つのプロジェクトに張り付けず、掛け持ちになったりするのよ。


SHOSUKE

人気者はつらいね。僕みたいだな。


TOKO

有スキル者のいないパッケージ導入は悲惨よ。ちょっとした質問をしても答えが1週間も返ってこないなんてザラだし、ソフトの動きをユーザーの業務に合わせて直すのに、追加の作り込みが良いのか設定変更する方が良いのかも判断できなかったり。せっかく修正可能なソフトでも、直し方を間違えてボロボロになる危険もあるしね。


SHOSUKE

じゃあ、みんなどうしてるの? うまくいった開発は?


TOKO

理想は開発会社の技術者に、プロジェクトに参加してもらうことよね。ソフトのバグまで分かっているような人に最初から入ってもらえれば、失敗の確率は減るわ。


SHOSUKE

でも、なかなかそうもいかないんだろう?


TOKO

ベンダーとユーザーだけでうまくいった例もあるわ。以前、サーバーの運用管理をするシステム※1を導入しようとした金融機関があってね。世界的に有名なソフトだったんだけれど、海外モノだからベンダーに有スキル者がいなかったの。


SHOSUKE

それじゃあ、入れられないじゃない。


TOKO

週1くらいで支援してくれる技術者は見つけたんだけれど、それじゃあとても主担当にはできなくて。仕方なく、サーバーの運用業務を知っていて、サーバー機器の操作をある程度分かっているメンバーを充てたの。


SHOSUKE

そんなんじゃあ、お客さん納得しなかったんじゃない?


TOKO

最初はね。でも、ベンダーはそのメンバーに必ずしも十分なスキルがないことを正直に話して、代わりにプロジェクトの進行に合わせてメンバーを教育するスキルアップ計画を立ててきたのよ。


SHOSUKE

スキルアップ計画?


TOKO

まず、開発会社の実施する教育を受けさせるでしょ。それから週1の支援者にはOJTを実施してもらって、さらに開発会社には24時間対応可能なサポート窓口を作ってもらう。日程とスキルアップ目標を考慮してそんなことを計画して、説明したの。


SHOSUKE

それで?


TOKO

ユーザーは、ベンダーの担当と支援者の人柄を見て、その上司やパッケージ開発会社にもよく話を聞いて、スキルアップが可能だと判断したの。


SHOSUKE

スゴいねぇ。


TOKO

でも、それだけじゃなかった。


※1 組織内に導入したサーバー群の稼働状態や健全性を監視したり、電源投入やシャットダウン、さまざまなジョブの起動などを一括して行うシステム。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。