ニュース
» 2014年01月27日 18時35分 UPDATE

Windows Azure情報アップデート/AWS情報アップデート:Windows AzureとAWSがクラウドストレージの値下げを相次いで発表

AWSのストレージ価格値下げを受け、Windows Azureもクラウドストレージの値下げを発表。AWSは、加えてRedshiftにSSDストレージオプションの提供を開始した。

[鈴木聖子,@IT]

 米マイクロソフトは2014年1月24日、Windows Azureのストレージサービス「ブロックBLOB」「ページBLOB」の値下げを発表した。21日にAmazon Web Services(AWS)が「Amazon S3」などの値下げを打ち出したことに対抗する措置。AWSは、データウェアハウスサービス「Redshift」に新しく加わった高密度コンピュートノードのストレージオプションも発表している。

 Windows Azureは2013年4月に、ストレージや帯域幅といったコモディティサービスの料金でAWSに対抗すると宣言していた。今回の値下げは3月13日から各国で実施され、「多くのリージョンでAzureのストレージはAWSよりも安くなる」と強調している。

 米東部リージョンではAWSのS3とElastic Block Store(EBS)の最低価格に匹敵させ、S3に相当するブロックBLOBは最大28%、EBSに相当するページBLOBは同20%の値下げを実施。Azure Storageトランザクションについては50%の値下げに踏み切る。

 これに先立ちAWSは、2014年2月1日から全リージョンでS3とEBSを値下げすると発表していた。米東部リージョンのS3標準ストレージは22%値下げ、 EBS Standardはボリューム料金をストレージ・I/Oリクエストとも最大で50%値下げする。例えば米東部リージョンの新料金は、プロビジョニングされたストレージ1GB当たり月額0.05ドル、100万I/Oリクエスト当たり0.05ドルとなる。

 一方、Redshiftの高密度コンピュートノードはSSDベースのストレージオプションで、高いCPUパワーとRAMおよびストレージのI/O性能を特徴とする。容量は2段階で設定され、「Large」では160GバイトのSSDストレージと2つのIntel Xeon E5-2670v2仮想コア、15ギビバイトのRAMを提供。「Eight Extra Large」では2.56Tバイトのストレージと32のIntel Xeon E5-2670v2仮想コア、244ギビバイトのRAMを提供する。

 料金はシングルのLargeノードで1時間当たり0.25ドルから。数千コア、テラバイト級のRAM、数百テラバイト級のSSDストレージを持つクラスタにまでスケールアップできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。