ニュース
» 2014年01月29日 10時00分 UPDATE

TalendがApacheライセンスに移行を発表、再利用しやすい体系へ

データの加工や抽出、マスターデータ管理のためのツール「Talend」がライセンスを変更する。他の製品に組み込んだ配布を許容して、ユーザーの拡大を目指す。

[原田美穂,@IT]

 Talendは2014年1月28日、ETL、ESB、EAIなどの機能を提供するデータ統合・連携基盤である「Talend Open Studio」のApacheライセンスへの移行を発表した。現在、Talend Open Studioシリーズには以下の5つのツールがあり、いずれもOSSで配布している。

  • Talend Open Studio for Big Data:データのロード、抽出、変換、処理
  • Talend Open Studio for Data Integration:さまざまなシステム上のデータの変換、連携処理
  • Talend Open Studio for Data Quality:データクレンジング処理
  • Talend Open Studio for ESB:エンタープライズサービスバス
  • Talend Open Studio for MDM:マスターデータ管理

 このうち、Talend Open Studio for Big Dataは、2012年の発表当初からApacheライセンスであった。Talend Open Studio for Data Integration、Talend Open Studio for Data QualityおよびTalend Open Studio for ESBは、GPLライセンスを採用していたが、既にライセンス移行の最初のステップとして、LGPLライセンスに移行している。いずれも2014年内にApacheライセンスに移行予定だという。

 今回のライセンス変更により、同ソフトウェアを別のアプリケーションに組み込んで配布することも可能になることから、開発元であるTalendではユーザー拡大を目指すとしている。

関連特集:「データ分析を支える技術」

大量データをサービス開発に生かす機運が高まっている今、多くのIT技術者はビジネスサイドの要請に、柔軟・迅速に応えられるデータ基盤整備を迫られている。本特集では、その基礎技術や理解しておくべき技術動向、新たな収益に結び付くデータ活用の在り方を紹介する。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。