ニュース
» 2014年01月30日 20時02分 UPDATE

AWS情報アップデート:Amazon KinesisがStorm向けのライブラリを公開

AWSが提供するストリームデータ処理サービスが、分散型リアルタイム処理フレームワークであるStormと連携できるようになった。

[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は2014年1月28日、Amazon KinesisとStormの連携を支援する「Amazon Kinesis Storm Spout」の提供開始を発表した。

 Amazon Kinesisは、大規模なストリーミングデータをリアルタイムで処理できるフル管理型サービス。Kinesis Client Libraryを使ってストリーミングデータ処理アプリケーションを構築できる。2013年にはAmazon DynamoDB、Redshift、S3などのAWSサービスと連携させるためのKinesis Connector Libraryがリリースされていた。

 さらにAWS以外のサービスにも対応させるため、同ライブラリを拡張して新たにオープンソースの分散型リアルタイム処理フレームワークであるStormをサポートしたものが、Amazon Kinesis Storm Spoutだ。

 Amazon Kinesis Storm Spoutでは、Kinesisストリームから取得したデータをタプルとして放出し、Stormのトポロジーで処理できるようにする。Spoutを既存のStormトポロジーに追加して、Kinesisと連携させることが可能。GitHubで公開されており、動作環境にはAWS SDK for Java、Java 1.7(Java SE 7)以降、Apache Commons Lang 3.0、Google Guava 13.0以降が必要。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。