連載
» 2016年06月27日 05時00分 UPDATE

Excelマクロ/VBAで始める業務自動化プログラミング入門(1):Excelでプログラム作成を始めるメリットとマクロの基本 (3/5)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

Excelマクロを実行する3つの方法

 ここからは、実際にマクロを実行してみよう。

 [開発]タブにあるマクロをクリックする。マクロのダイアログボックスが表示されるので、実行したいマクロ、この場合は「コピーと貼り付け」を選択して[実行]ボタンをクリックする(図13)。

図13 [実行]ボタンをクリック

 すると、図14のようにマクロが実行されてデータがコピー&ペーストされる(図14)。

図14 マクロが実行された

 頻繁にマクロを利用する場合には、わざわざ「マクロの一覧」から実行するのは面倒だ。より素早くマクロを実行するためには、「クイックアクセスツールバー」「ショートカットキー」「ワークシート(セルがある作業領域)上にマクロ実行用のボタン」を作成する方法がある。

 今回は、「クイックアクセスツールバーにマクロを追加する」方法と、「ワークシート上のボタンからマクロを実行する」方法の2つを紹介しよう。

クイックアクセスツールバーにマクロを追加する

 Excelメニューの[ファイル]→[オプション]と選択し、[クイックアクセスツールバー]を選択する。[コマンドの選択]に[マクロ]を指定する。次に、[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]に[データ.xslxに適用]を指定する。「データ.xslx」は図1のデータを保存しておいたときのExcelのファイル名だ。(図15)。

図15 [クイックアクセスツールバー]の設定を行う

 図15の画面から<区切り>内にある「コピーと貼り付け」を選択して[追加]ボタンをクリックする。選択したマクロが右側の欄内に表示される。[OK]をクリックする(図16)。

図16 選択したマクロを右の欄内に追加

 すると、Excelのメニューに「コピーと貼り付け」というアイコンが表示される(図17)。

図17 「コピーと貼り付け」というアイコンが追加された

 このアイコンをクリックすると「コピーと貼り付け」のマクロがすぐに実行される(※このアイコンの種類は変更が可能だが、直接マクロとは関係がないので今回は省略する)。

 このアイコンを削除したい場合は、このアイコンを選択して、マウスの右クリックで表示されるメニューから、[クイックアクセスツールバーから削除]を選択すると削除できる(図18)。

図18 マクロのアイコンを削除する場合

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。