ニュース
» 2014年02月06日 18時06分 公開

レッドハット、「JBoss Fuse Service Works 6」発表

iPaaS実現に向け、「JBoss Fuse Service Works 6」が登場。CamelやSwitchYardを使った連携やモニタリング機能も持つ。

[鈴木聖子,@IT]

 米レッドハットは2014年2月4日、サービスデザイン、開発、インテグレーションプラットフォームの次世代版となる「JBoss Fuse Service Works 6」を発表し、即日提供を開始した。インテグレーションの簡素化を図り、さまざまなアプリケーションに分散した情報の活用やビジネスプロセスの統合、オープンハイブリッドクラウドアーキテクチャへの移行を支援する。

 JBoss Fuse Service Works 6は、高性能メッセージルーティングエンジンとして機能する「Apache Camel」をベースとしたエンタープライズサービスバス(ESB)機能を搭載。アプリケーションやサービス全般にわたる精度や速度、品質の向上を図るとともに、クラウドにおけるインテグレーションの基盤を提供し、インテグレーションPlatform-as-a-Service(iPaaS)を実現するとしている。

 サービス提供はService Component Architecture(SCA)をベースとした軽量サービス提供フレームワークの「SwitchYard」を通じ、サービス指向アプリケーションの開発からデプロイ、管理に至るライフサイクルをサポートする。

 また、Overlordプロジェクトをベースとしたサービスのライフサイクル管理機能や、ビジネストランザクションモニタなどの機能を備える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。