ニュース
» 2014年02月13日 19時03分 UPDATE

対応製品は2016年に登場:最大128Gbpsを実現する第6世代ファイバチャネル、業界団体が発表

業界団体のFibre Channel Industry Associationは2月11日、最大で128Gbpsのストレージエリアネットワークを実現する「第6世代ファイバチャネル」の規格を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 業界団体のFibre Channel Industry Association(FCIA)は2月11日、「第6世代ファイバチャネル」の規格を発表した。最大で128Gbpsのストレージエリアネットワークを実現する、業界最速のネットワーキングプロトコル規格となる。

 第6世代のファイバチャネルではデータスループットを32Gbps(6400MB/秒)に倍増させ、4倍の128Gbps(25600MB/秒)を実現できるオプションも提供する。

 32Gbpsと128Gbpsのファイバチャネルは、16Gbpsおよび8Gbpsのファイバチャネルとの間で完全な後方互換性を確保する。2つのネットワークポイントの間で最速の設定が自動的に適用され、ユーザーの介入は必要ないという。

 ネットワークの安定性や省エネ性能の向上を図るため、高速ネットワークで発生するビットエラーを自動的に検出・復旧する「Forward Error Correction」(FEC)機能、光コネクタをスタンバイモードで運用できる機能なども提供する。

 ネットワークやストレージメーカーからは、第6世代ファイバチャネルを採用した製品が2016年にも登場する見通しだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。