ニュース
» 2014年02月24日 15時34分 UPDATE

OpenStack情報アップデート:Havanaの新プロダクトを盛り込んだ「SUSE Cloud 3」はVMwareをフルサポート

OpenStack HavanaをベースにしたSUSE Cloud 3がリリース。OpenStackエコシステムを活用しやすい実装が盛り込まれた。

[鈴木聖子,@IT]

 SUSEは2014年2月20日、IaaSプライベートクラウド構築のためのOpenStackディストリビューション最新版「SUSE Cloud 3」の正式リリースを発表した。VMware vSphereをフルサポートし、既存の仮想データセンターにプライベートクラウドを導入する際のコスト削減と柔軟性の向上を図っている。

 SUSE Cloud 3は「OpenStack Havana」をベースとして、オーケストレーション機能の「Orchestration(Heat)」やメータリング機能の「Telemetry(Ceilometer)」をフルサポートした。


 Orchestrationモジュールでは定義済みのテンプレートに基づき複数の仮想マシンのコントロールや調整を自動化できる。Telemetryではインフラリソースやユーザーによる使用状況を測定し、クラウド活動のメータリングやモニタが可能。例えばTelemetryモジュールとOrchestrationの自動スケーリングサービスを組み合わせれば、必要に応じたリソースのプロビジョニングやプロビジョニング解除が可能になるという。

 VMware vSphereのサポートは、「VMware vCenter Server」との統合を通じて実現した。さらにEMCが提供するOpenStackドライバも組み込まれ、EMCのストレージアレイ「VNX」が活用できるようになった。

 また、インストールや管理の簡素化を図るため、クラウドインフラの管理と導入を自動化する「Crowbar」ベースのインストールフレームワークを搭載。クラウドパートナーとの関係では「OpenStack Block Storage」(Cinder)や「OpenStack Networking」(Neutron)および両プロジェクトのプラグインモデルをサポートしたほか、全てのOpenStack APIのサポートを通じ、パートナー各社のソリューションが導入しやすくなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。