連載
» 2014年03月10日 18時00分 UPDATE

生産性ガチアゲなオープンソースiOSライブラリ(終):iOSライブラリ管理の神ツール「CocoaPods」のインストールと使い方 (1/2)

Objective-Cライブラリ管理/ビルドツール「CocoaPods」について、概要と環境構築、設定、実行の仕方、GitHubとの連携方法を解説します。

[立花優人,ソニックス]

ライブラリ管理ツール「CocoaPods」とは

 本連載「生産性ガチアゲなオープンソースiOSライブラリ」で紹介してきた通り、iOS向けのライブラリには、さまざまなものがあります。アプリを開発する際に、そのようなさまざまな外部ライブラリを使用して開発することになると、それらのライブラリの管理が大変になってくる場面もあると思います。今までは、GitHubなどから必要なライブラリをダウンロードして、プロジェクトに手作業で追加する必要がありました。

 しかし、「CocoaPods」を使うことで、これら一連の作業を簡単な記述とコマンドだけで完了できます。

ios_lib5_01.jpg CocoaPods

 そこで今回は連載の最終回として、MacアプリやiOSアプリ開発者向けのObjective-Cライブラリ管理ツール「CocoaPods」を紹介します。

CocoaPodsのインストール

 まずは、CocoaPodsのインストールからです。CocoaPodsを使用してライブラリをプロジェクトにインストールするまでの手順を見ていきましょう。

 CocoaPodsのインストールにはRubyが必要ですが、(Mac)OS X上には既にRubyがインストールされているので、ターミナルを開き以下のコマンドを実行します。

$ sudo gem install cocoapods
[!] If this is your first time install of CocoaPods, or if you are upgrading, first run: $ pod setup
Successfully installed xcodeproj-0.0.2
Successfully installed cocoapods-0.3.9
2 gems installed

 CocoaPodsで扱うライブラリの情報をセットアップします。

$ pod setup
Updating spec repo `master'

 上記のコマンドを実行すると、「~/.cocoapods」ディレクトリに「CocoaPods/Specs」にあるファイルが展開されます。CocoaPodsは「~/.cocoapods」ディレクトリ内のファイルを利用してライブラリの管理を行っています。

 「~/.cocoapods」を更新する場合は、再度「pod setup」コマンドを実行すればOKです。

CocoaPodsを使ってみよう

 CocoaPodsを利用するXcodeのプロジェクトを用意しておきます。ここでは、「CocoaPodsSample」という名前で、iOSアプリのプロジェクトを用意します。

ios_lib5_02.jpg

Podfileを作成

 前回の「ネットワーク接続の激ムズデバッグをログ収集で解決!」で紹介した、「AFNetworking」ライブラリをインストールしてみます。先ほど作成した「CocoaPodsSample」プロジェクトの「CocoaPodsSample.xcodeproj」と同じディレクトリに「Podfile」というファイルを用意し、以下の内容を記述します。

platform :ios, "6.0"
pod 'AFNetworking', '~> 2.0'
Podfile

 上記のように、使用したいライブラリと、必要であればそのバージョンを指定します。バージョンの指定方法には下記のような記述方法があります。

記述 意味
'1.0' バージョン1.0を使用
'> 1.0' 1.0 より上のバージョンを使用
'>= 1.0' 1.0 以上のバージョンを使用
'< 1.0' 1.0 未満のバージョンを使用
'<= 1.0' 1.0 以下のバージョンを使用
'~> 1.0.2' 1.0.2 以降のバージョン 1.0.xを使用

 バージョンを指定しなければ、その時点での最新版を取得します。

ライブラリのインストール

 「Podfile」が作成できたら、ターミナルでPodfileを保存したディレクトリへ移動し、下記コマンドを実行してインストールします。

$ pod install
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Installing AFNetworking (2.1.0)
Generating Pods project
Integrating client project

 インストールに成功した場合、「Pods」ディレクトリと、「XXXX.xcworkspace」(今回の場合は「CocoaPodsSample.xcworkspace」)ファイルが作成されます。

Xcodeから「xcworkspace」ファイルを開く

 先ほど作成された「CocoaPodsSample.xcworkspace」を開きます。「Pods」ディレクトリには「AFNetworking」ライブラリに関するファイルと、AFNetworkingが依存するライブラリがインストールされます。

 Xcodeで「CocoaPodsSample.xcworkspace」を開くと、ライブラリがセットアップされた状態になっています。

ios_lib5_03.jpg

さらに他のライブラリをインストールする

 追加で「TTTAttributedLabel」というライブラリも追加してみます。「Podfile」に「TTTAttributedLabel」を追記します。

platform :ios, "6.0"
pod 'AFNetworking', '~> 2.0'
pod 'TTTAttributedLabel'
Podfile

 追記したら、下記コマンドを実行し、インストールします。

$ pod update
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Using AFNetworking (2.1.0)
Installing TTTAttributedLabel (1.8.1)
Generating Pods project
Integrating client project

不要なライブラリを削除する

 ライブラリをプロジェクトから削除する場合は、Podfileから該当の行を削除し、再度「pod update」コマンドを実行すれば、プロジェクトから削除されます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Touch Barという新UIを得た「MacBook Pro」、プレゼント!

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。