ニュース
» 2014年03月12日 17時24分 UPDATE

認定ホスト間でのシームレスな機能を保証:米レッドハット、コンテナー化されたアプリケーションの認定プログラムを発表

米レッドハットは2014年3月11日、コンテナー化されたアプリケーションの認定プログラム「Red Hat Container Certification」を発表した。既存のアプリケーション認定プログラムの延長だ。

[鈴木聖子,@IT]

 米レッドハットは2014年3月11日、既存のアプリケーション認定プログラムの延長として、コンテナー化されたアプリケーションの認定プログラム「Red Hat Container Certification」を発表した。

 Container Certificationは、Red Hat Enterprise Linuxを使って構築されたアプリケーションコンテナーが、認定されたコンテナーホスト間でシームレスに機能できることを保証するプログラム。ISVやサービスプロバイダー、法人顧客のニーズを念頭に、Docker形式のコンテナーを活用するためのセキュアで一貫性のあるシンプルなプラットフォームの提供を目指している。

 今後同社から登場予定の「Red Hat Enterprise Linux 7」と「OpenShift PaaS」はいずれもコンテナーホストとして認定され、主要コンテナーフォーマットとしてDockerをサポートする。

 オープンソースのアプリケーションパッケージング・配信技術であるLinuxコンテナーは、アプリケーション導入のシンプル化と高速化が図れることから普及が進んでおり、Red HatのOpenShiftを含む多くのPaaSプラットフォームがLinuxコンテナー技術を実装している。

 レッドハットはContainer Certificationの発表に合わせてコンテナー認定パートナーのための「Partner Early Access Program」(PEAP)を発足させ、正式リリース前のテストやインテグレーション、フィードバックへの参加を促している。発表資料にはDockerやMongoDBがコメントを寄せている。正式リリースは2014年半ばになる見通し。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。