ニュース
» 2014年03月19日 15時46分 UPDATE

Database情報:インメモリOLTPエンジン搭載「SQL Server 2014」、4月1日に正式ローンチが決定

インメモリOLTPエンジンを標準搭載したSQL Server 2014がついに正式ローンチへ。Azureとの連携も強化した内容になっている。

[鈴木聖子,@IT]

 米マイクロソフトは2014年3月18日、「SQL Server 2014」のRTMを完了し、4月1日に正式ローンチすると発表した。SQL Server 2014ではインメモリOLTP(オンライントランザクション処理)技術やハイブリッドクラウドなどの新機能を提供する。

 SQL Server 2014のインメモリOLTPエンジンは、リアルタイムで顧客の需要に応えるトランザクションアプリケーションへの対応を念頭に、最大30倍の高速化を実現できるとマイクロソフトは説明する。同社公式ブログでは、SQL Server 2014を使い、アプリケーションをスケールさせて従来の16倍に当たる毎秒25万のリクエストを処理できるようになったオンラインゲーム会社Bwinなどの実例を紹介している。

 インメモリOLTPはSQL Server 2014のEnterpriseエディションに組み込まれているため、追加のソフトウェアの導入は不要。アプリケーションを書き換えたり新しいサーバーを導入したりする必要もない。

 一方、ハイブリッドクラウド機能ではWindows Azureとの連携が強化され、Windows Azureを使って簡単にオンプレミスSQL Serverデータベースのバックアップや復旧ができるようになった。

 4月1日からはWindows Azureの仮想マシンとしてのServer 2014の提供も開始。「AlwaysOn」機能の強化によって、SQL Serverを実行しているWindows Azure仮想マシンを災害復旧ソリューションに組み込むことが可能になる。

 この他にもデータウェアハウス向けの「In-Memory Columnstore」の機能強化、バッファプール拡張による非揮発性メモリのサポート、クエリ最適化の新機能、セキュリティや拡張性の強化などが盛り込まれている。

 なお、日本マイクロソフトではこのリリースに合わせて、2014年4月18日にローンチイベントを開催する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。