ニュース
» 2014年03月20日 17時03分 UPDATE

「Android Wear」のデベロッパープレビュー公開、Oculus Riftの新開発キットも

ウェアラブルデバイス関連の話題が複数登場。開発キットやAPI提供で、アプリケーション開発の敷居が下がりつつある。

[鈴木聖子,@IT]
mhnews_240.jpg

 米グーグルは2014年3月18日、Androidプラットフォームをウェアラブル端末に広げるプロジェクト「Android Wear」のデベロッパープレビューを公開した。まずは腕時計型端末で、ユーザーが必要な情報を必要な時に届けることを目指している。

 Android Wear搭載の腕時計は音声で操作して必要な情報を検索したり、タクシーを呼んだりメッセージを送信したりすることが可能。フィットネスアプリを使えば運動した距離や時間の計測ができ、スマートフォンなどと連動させて音楽のプレイリストを表示したり、テレビ画面に映画をキャストしたりもできる。

 デベロッパープレビューでは自分のアプリの通知をAndroid Wear向けにカスタマイズでき、エミュレーターを使って円形と正方形のウェアラブル画面で、それぞれ通知がどう表示されるかをチェックできる。

 通知のカスタマイズや拡張のためのAndroid Wear APIも提供され、音声による応答の受け入れ、追加ページの設定、同じような通知のスタックなどの機能が利用できる。今後さらに新しいAPIや機能を追加していく方針。

mhnews_240_2.jpg

 一方、ウェアラブルインターフェース開発関連では、Oculus VRが、ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の2番目の開発キットとなる「Development Kit 2」(DK2)を2014年3月19日に発表している(関連記事:Oculus Rift、Unity、Openframeworks……感覚器官フル稼働の仮想空間を実現する)。

 DK2は低パーシスタンスのOLEDディスプレイや、低レイテンシのポジショナルヘッドトラッキングを搭載。コンシューマー対応ではまだ改善の必要があるものの、DK2を使って開発したコンテンツは全てコンシューマー向けのOculus Riftに対応できるとしている。

 DK2は2014年7月に出荷開始の見通しで、ローンチ時の価格は350ドル。Oculus VRのWebサイトで予約を受け付けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。