ニュース
» 2014年03月25日 17時10分 UPDATE

シスコがマルチクラウド間連携を前提としたサービス「Intercloud」発表

マルチクラウド間連携を前提としたサービスをシスコが発表。パートナー企業が持つデータセンターやユーザー保有の環境をオープンで安全な連携を実現し、ハイブリッドクラウド環境のデファクトを狙う。

[鈴木聖子,@IT]

 米シスコシステムズは2014年3月24日、クラウドのネットワークで構成する企業向けの新しいクラウドITサービス「Intercloud」を発表した。クラウドコンピューティングの次の段階として、「あらゆるモノのインターネット」の実現を目指す。

 Intercloudでは高価値アプリケーションワークロード、リアルタイム分析、無限に近い拡張性、各国の法令へのコンプライアンス対応などを想定し、分散型ネットワークとセキュリティアーキテクチャを採用。アプリケーション開発用のAPIも提供する。

 Ciscoは各国のパートナーと組んでデータセンターのグローバルなネットワークを構築し、オープンでセキュアなハイブリッドクラウド環境を提供する。

 IntercloudはOpenStackに対応し、企業やユーザーが必要に応じてパブリッククラウドやプライベートクラウドを組み合わせ、ネットワークポリシやセキュリティポリシを維持したまま、データやアプリケーションを含むワークロードをクラウド間で移動できる。Cisco Application Centric Infrastructure(ACI)を使ってアプリケーションのパフォーマンスを最適化することも可能。

 Ciscoは今後2年間で10億ドルを投じ、クラウド事業を拡大していく方針。パートナーにはオーストラリアの通信大手Telstra、カナダの通信プロバイダーAllstream、欧州のクラウド企業Canopy、インドのITコンサルティング大手Wiproなどが挙がっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。