ニュース
» 2014年03月28日 17時16分 UPDATE

データセンター技術への投資としては「過去最大」:米インテルがクラウデラに出資、Hadoopディストリビューション「CDH」へ統合

米インテルは2014年3月27日、Apache Hadoopディストリビューションプロバイダーの米クラウデラ(Cloudera)への出資を発表した。インテルのHadoopディストリビューションは、クラウデラの「Cloudera's Distribution including Apache Hadoop」(CDH)に統合する予定だ。

[鈴木聖子,@IT]

 米インテルは2014年3月27日、Apache Hadoopディストリビューションプロバイダーの米クラウデラ(Cloudera)への出資と、広範な戦略提携を発表した。インテルは同社の筆頭戦略株主となり、取締役に就任する。

 クラウデラへの出資は、インテルがデータセンター技術に行う投資としては過去最大級。Hadoopをベースとするクラウデラのエンタープライズ向けデータ分析管理ソフトウェアと、インテルのXeon技術をベースとするデータセンターアーキテクチャを組み合わせ、あらゆる規模の企業にビッグデータソリューションを普及させることを目指す。

 クラウデラはIntelアーキテクチャを優先プラットフォームとして「Cloudera's Distribution including Apache Hadoop」(CDH)の開発と最適化に当たる他、Intelファブリック、フラッシュメモリ、セキュリティなどの次世代技術をサポートする。

 一方、インテルはCDHとCloudera Enterpriseを優先Hadoopプラットフォームとして顧客に売り込み、共同ロードマップにリソースを集中させる。インテルの「Distribution for Apache Hadoop/Intel Data Platform」(IDH/IDP)はCDHに統合する予定で、3月末のバージョン3.1リリース後に移行する。

 クラウデラとの提携によって、センサーやゲートウェイなど幅広い端末からのデータ管理・分析において顧客を支援でき、インテルのデータセンターおよび「モノのインターネット」(IoT)戦略が強化されると同社は説明。「クラウデラとインテルのロードマップを組み合わせることで、ビッグデータ分析のための選ばれるプラットフォームを創り出す」(データセンター部門のダイアン・ブライアント上級副社長)とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。