連載
» 2016年02月01日 05時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるWebフィルタリング(初級編) (1/5)

多くの学校や会社で、Webの閲覧に関して何らかのポリシーが設けられ、制限されていることをご存じですか? 本稿では、そこで用いられている「Webフィルタリング」という仕組みについて、5分でお伝えします。

[遠藤宗正(デジタルアーツ株式会社 エンタープライズ・マーケティング部),@IT]

1分 - Webフィルタリングとは何か?

 Webフィルタリング(別名:URLフィルタリング)とは、アダルトサイトや薬物・犯罪に関するWebサイトなどのように、教育上または職務上、閲覧することが不適切なインターネット上のWebサイトをフィルタリングし、エンドユーザーに見せなくすることを指します。

 教職員や企業の情報システム管理者があらかじめ設定したフィルタリングのポリシーに基づき、児童や社員が不適切なWebサイトにアクセスしようとした際に、自動的に閲覧を禁止します。児童の学年や社員の業務内容・役職などによりフィルタリングのポリシーも変わるため、一律ではなくグループ単位での柔軟なポリシー適用が必要とされます。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。